「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」を楽しむ

  • 今西講師
  • 今西 彩子(鎌倉市鏑木清方記念美術館 学芸員)
講師詳細

今年は近代日本画の巨匠・鏑木清方(かぶらききよかた)の幻の代表作と謳われる《築地明石町(つきじあかしちょう)》が発見され、44年ぶりに公開されることが、大きなニュースになりました。いよいよ11月1日から東京国立近代美術館で展示されます。
《築地明石町》は、明治半ばに外国人居留地だった東京・明石町で、流行のイギリス巻の髪型に結い上げた美人が秋風の冷たさにふと袂を寄せる姿が描かれています。
昭和2年に(1927)発表された当時から近代美人画の傑作と評され、画家としての清方の名を不動のものにしました。
本講座では《築地明石町》ほか三部作の初公開に際し、よりお楽しみいただくため、清方の画業とともに解説いたします。(講師記)

*画像は
鏑木清方 《築地明石町》 1927(昭和2)年 絹本彩色・軸装 173.5×74.0cm 
東京国立近代美術館 ⓒNemoto Akio
鏑木清方 《新富町》 1930(昭和5)年 絹本彩色・軸装 173.5×74.0cm
東京国立近代美術館 ⓒNemoto Akio

画像写真の無断転載を禁じます。

*『鏑木清方 幻の《築地明石町》 特別公開』
2019年11月1日(金)~12月15日(日)/東京国立近代美術館

https://www.momat.go.jp/am/exhibition/kiyokata2019/

この講座は終了しました
日程
2019/11/9
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円

講師詳細

今西 彩子(イマニシ アヤコ)
 1979年奈良市生まれ。2008年武蔵野美術大学大学院造形研究科博士後期課程単位取得退学。2010年より鎌倉市鏑木清方記念美術館学芸員。2019年より東海大学非常勤講師も兼務。鏑木清方や美人画に関する展覧会を企画・監修のほか、日本画や木版画の普及も務める。
 主な論文に、「金鈴社の成立と作画の特徴 -鏑木清方を中心に-」(2019年)「戦時下における清方の画業 -美人画の位相を巡る一試論」(2018年)ほか。