楽都ウィーンを駆け抜けたモーツァルト

  • 奥田 佳道(音楽評論家)
講師詳細

「神に愛されし者」という意味のアマデウスをミドルネームに戴くモーツァルトは、1781年春から1791年暮れまで楽都ウィーンを拠点に活躍しました。ピアノ協奏曲の自作自演やオペラが華の時代でした。その一方「アイネクライネナハトムジーク」やラスト3大交響曲のように創作の背景がわかっていない名曲もたくさんあります。謎が謎を呼ぶ「モーツァルトin ウィーン」ご一緒に探訪しましょう。(講師記)

この講座は終了しました
日程
2019/11/8
曜日・時間
金曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
 

講師詳細

奥田 佳道(オクダ ヨシミチ)
1962年東京生れ。ヴァイオリンを学ぶ。ドイツ文学、西洋音楽史を専攻、ウィーンに留学。共・著書に「これがヴァイオリンの銘器だ」(音楽之友社)、「おもしろバイオリン事典」(ヤマハミュージックメディア)、「オペラガイド130選」(成美堂出版)ほか。
1993年からNHKの音楽番組に出演中。また日本テレビ「深夜の音楽会(現:読響シンフォニックライブ)」、WOWOW、クラシカ・ジャパン、TOKYO FMなどに出演。くらしき作陽大学講師、エリザベト音楽大学パフォーマンスフォーラム講師を務めた。2008年から2015年まで毎年NHK音楽祭のプレトークを行なった。2012年4月からNHK-FM「オペラ・ファンタスティカ」のパーソナリティのひとり。NHK Eテレ「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2014、2017」に解説で出演。同コンサートの解説は1997年から毎年FMなどで行なっている。ラジオ深夜便「クラシックの遺伝子」(聞き手:森田美由紀)に出演中。