「コートールド美術館展」を より楽しむために

  • 船岡美穂子講師
  • 船岡 美穂子(東京藝術大学講師)
講師詳細

2019年9月から、東京都美術館で「コートールド美術館展 魅惑の印象派」が開催されます。イギリスの著名なコレクションから、印象派・ポスト印象派の傑作約60点が揃います。
本講座では、印象派の歴史を学ぶとともに、鑑賞をより深めるために、出展されるマネ、セザンヌ、ルノワールらの名画を取り上げて、見どころをわかりやすく解説します。
コートールド美術館と美術研究所を創設したコートールドの卓越した審美眼と、美術を通じた社会貢献もご紹介します。(講師記)


*画像はエドゥアール・マネ《フォリー=ベルジェールのバー》
1882年 油彩、カンヴァス 96×130cm コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

画像写真の無断転載を禁じます。

*『コートールド美術館展 魅惑の印象派』
2019年9月10日(火)~12月15日(日)東京都美術館
https://courtauld.jp/


この講座は終了しました
日程
2019/10/19
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
持ち物など
必要に応じて資料を配布します。

講師詳細

船岡 美穂子(フナオカ ミホコ)
東京藝術大学美術学部芸術学科卒。
同大学院美術研究科修士、博士後期課程修了。博士(美術)。研究室助手を経て、現在、東京藝術大学講師。
専門は、近世・近代の西洋美術史。近年は、フランス美術の国際的な影響、美術愛好家の果たした役割を研究中。
主な著書に『イメージ制作の場と環境』(共著、中央公論美術出版、2018年)、『芸術愛好家たちの夢-ドイツ近代におけるディレッタンティズム』(共著、三元社、2019年刊行予定)。