ヨーロッパ野鳥紀行

  • コミミズク
  • セアカモズ
  • ソリハシセイタカシギ
  • 神戸 宇孝(鳥類画家)
講師詳細

2019年5月にヨーロッパ3カ国(ドイツ、オーストリア、ハンガリー)に2週間滞在して観察をしてきたノガンやセアカモズ、キアオジといった日本での珍鳥たちのほか、ユリカモメやコミミズク、ダイシャクシギ、ツリスガラ、ソリハシセイタカシギなどの繁殖地での生態や生息環境の様子に加え、日本では未記録のMontagu's Harrier(ヒメハイイロチュウヒ)などを、豊富な写真とスケッチでご紹介します。また、日本人が知っておくべきヨーロッパの自然環境保全や鳥類保護の現状などもお伝えしたいと思います。(講師記)

お申し込み
日程
2019/11/30
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円

講師詳細

神戸 宇孝(ゴウド ウタカ)
鳥類画家。1973年石川県生まれ。2003年英国サンダーランド大学・自然環境画学科卒。5歳から野鳥観察を始め、鳥たちの行動のおもしろさが伝わる生態画の世界を追い求める。バードウォッチング初心者には“鳥っていいな”と感じてもらい、熟練者には“そうそう!鳥ってこういう表情するよね”と思ってもらえるイラストを描くのがモットー。そのための野鳥観察を日々、続けている。文一総合出版発行の野鳥雑誌BIRDER(バーダー)にて、全国の野鳥を取材して、スケッチを掲載する連載を担当