気軽に短歌を

  • 川田 茂(「中部短歌会」編集委員)
講師詳細

 短歌は長い歴史のなかで育まれた我が国独特の定型詩ではありますが、近代から現代に渡って大きな変遷がありました。一見ふるめかしい形式のようにも見える短歌ですが、現代短歌は現在さらにいろいろな試みがみられます。定型詩がただ堅苦しいだけのものではないということを踏まえ、短歌の相互批評をして行きたいと考えています。
 まずは三十一文字のなかに言葉を気楽に嵌めて行きましょう。続けるうちに散文ではかなえられない一首が生まれる時が来るでしょう。短歌を継続して制作することによって得られるものが些細であったとしても、生活の潤の一つがそこから生まれれば幸いです。
 とりあえずは鉛筆と紙と辞書があれば短歌を始めることが出来ます。肩の力を抜いて一首を捻ってみましょう。(講師記)

お申し込み
日程
2019/9/17
曜日・時間
火曜 13:30~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円
持ち物など
作品の講評をご希望の方は自作の短歌(1首から可。3首まで)を、封書かハガキでお送りください。3首とも自由に詠む「雑詠」で作ってください。
送り先は
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢438-1 ルミネ藤沢店9階
朝日カルチャーセンター湘南教室 「気軽に短歌を」講座宛
☆締め切りは、9月10日の消印有効。
☆聴講のみの方は、作品提出の必要はありません。

講師詳細

川田 茂(カワタ シゲル)
1951年栃木県生まれ 東京造形大学絵画専攻卒(齣展会員、個展・グループ展多数)塚本邦雄選「現代百人一首」にて短歌を始める。中部短歌会(春日井建 主幹)に入会、現在まで。歌集に『隕石』『放射冷却』『硬度計』『天空童子』。日本短歌総研会員、神奈川県歌人会役員、現代歌人協会会員。