• トライアル可

グリム兄弟の民話収集  -言語・民族・国家-

  • 七字講師
  • 七字 眞明(慶應義塾大学教授)
講師詳細

『グリム童話』はヤーコプ・グリム、ヴィルヘルム・グリムの兄弟がドイツ語圏の民間伝承を収集したもので、創作童話ではありません。
 兄弟が生まれた18世紀末のドイツ語圏は諸邦乱立状態で、フランス革命後ナポレオン率いるフランス軍に占領されドイツ語が消滅する危機に瀕していました。
 グリム兄弟はドイツ語圏の言語遺産を収集することで、言語を基盤とした国民国家の成立を目指しました。『赤ずきん』、『白雪姫』、『ヘンゼルとグレーテル』、『ブレーメンの音楽隊』といった有名な「童話」集が誕生した背景には国家統一という政治的プロジェクトがあったことを、兄弟の経歴を概観しながら紹介します。

お申し込み
日程
2021/3/6
曜日・時間
土曜 14:30~16:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
持ち物など
教材プリントを随時教室で配布します。

講師詳細

七字 眞明(シチジ マサアキ)
1959年藤沢市生まれ。82年慶應義塾大学文学部独文学専攻卒業。85-88年ドイツ学術交流会給費奨学生としてドイツ・ケルン大学独語独文学研究所留学。89年慶應義塾大学院文学研究科独文学専攻博士課程単位取得退学。89年慶應義塾大学法学部等講師。96-98年慶應義塾福澤基金留学生としてケルン大学独語独文学研究所留学。慶應義塾大学経済学部助手、助教授を経て2002年より同教授。2014年より慶應義塾大学外国語教育研究センター所長。