日本の立憲主義とは何であったか 〈憲法集中セミナー〉 ―評伝・伊藤博文の試み

  • 石川健治さん
  • 石川 健治(東京大学教授)
講師詳細

日本の立憲主義と消長を共にしてきた保守本流が失われて久しい。その源流を訪ねると、いつか伊藤博文に辿り着く。立憲主義の側からみた、その評伝の試み。

お申し込み
日程
2020/6/27
曜日・時間
土曜 15:30~19:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 6,820円 一般 7,920円
持ち物など
途中休憩含む。
当日は受講券をお持ちください。
その他
授業は延長する場合もあります。

講師詳細

石川 健治(イシカワ ケンジ)
1962年生まれ。1985年東京大学法学部卒業、東京大学法学部助手。1988年東京都立大学法学部助教授。1998年東京都立大学法学部教授。2003年東京大学法学部教授。「立憲デモクラシーの会」呼びかけ人の一人。2014年末に編著『学問/政治/憲法-連環と緊張』(岩波書店)を公刊した。