切絵図で歩く「江戸の坂」~ 御府内近郊編~ 

  • イメージ
  • 山野 勝(坂道研究家)
講師詳細

江戸時代、現在の山手線の内側は御府内(朱引線内)と呼ばれ、江戸の市街地として発展していました。しかし、その外側にあたる郊外にも人々の生活圏があり、豊かな農村が広がっていました。当然、そこには道があり、多くの坂道が人々の生活を支えていました。このシリーズでは、その江戸郊外に足を伸ばし、今に残る江戸の坂を探索しながら、その魅力に迫るとともに、江戸の人々の生活を浮き彫りにすることを試みます。(講師記)

◆集合場所などの詳細は、<持ち物など>を必ず、ご覧下さい。

4月期より、【切絵図で歩く「江戸の坂」御府内近郊編】に、なりました。
※実際にいくつかの坂をある程度の速度で登ります。

■参考図書 「大江戸坂道探訪」(朝日文庫)山野勝著680円(税別)「朝日新聞出版」(坂の歴史の詳細は、参考図書のご参照をお勧めします。)            
■資料 コースに合わせた切絵図と現代地図の資料を配布します。

※講座内の入園料等は各自負担です。・昼食は済ませてご集合下さい。・歩きやすい服装と靴。雨具,水筒,帽子,筆記用具等。

お申し込み
日程
2020/7/28, 9/8, 9/29
曜日・時間
火曜 13:00~16:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 13,530円 一般 16,830円
持ち物など
◇集合は、13:00 (*雨天決行)
●7/28(火)=【南平台~代官山(渋谷区)】◎JR山手線・渋谷駅ハチ公銅像前
●9/8(火)=【駒込~巣鴨(豊島区)】◎JR山手線・駒込駅東口
●9/29(火)=【大橋~中目黒(目黒区)】◎東急田園都市線・池尻大橋駅北口(地上)
◆欠席、遅刻連絡は(平日・土曜日9:30~17:30)にプロジェクト事業本部〈℡03-3344-2041〉。◆資料:コースの切絵図と現代地図の資料を配布します。■参考図書 「大江戸坂道探訪」(朝日文庫)山野勝 著 680円(税別)(坂の歴史の詳細は、参考図書をお勧めします。)※講座内の入園料等は各自負担です。・昼食は済ませてご集合下さい。・歩きやすい服装と靴。雨具,水筒,帽子,筆記用具等。

 

講師詳細

山野 勝(ヤマノ マサル)
1943年生まれ。早稲田大学政経学部新聞学科卒業。講談社に入社し、「ヤングマガジン」編集長、第三編集局長、取締役、常務取締役を務めた。「タモリのTOKYO坂道美学入門」(講談社)に企画参加。著書に「江戸の坂-東京・歴史散歩ガイド」(朝日新聞出版)、「江戸と東京の坂」「古地図で歩く江戸の東京の坂」(以上、日本文芸社)がある。朝日新聞(都内版)に「江戸の坂・歴史散歩」を連載。