英国ヴィクトリア時代の新ヒロインと男たち ジェイン・オースティン「エマ」:父と娘について
  • 教室・オンライン同時開催

  • 植松 みどり(和洋女子大学名誉教授)
講師詳細

 19世紀、世界の長として君臨していく大英帝国は、現在の世界状況の元を築いたといっても過言ではないだろう。
 当時、英国社会では制度の見直し、法の整備が盛んにおこなわれていた。旧態依然とした社会に対抗して出現した「新しい女(ニュー・ウーマン)」。その時、男たちはどのように対応したのか。小説の世界に描かれている男と女の登場人物の葛藤、愛憎を詳細に読み取りながら、見ていきたい。(講師・記)

今期テーマ:ジェイン・オースティン『エマ』:父と娘、ケア(介護)の問題を中心に
英国田園地帯の典型的な中産階級上層のお嬢さまエマは、ジェイン・オースティンが作り出した、すべてを手にしている裕福で幸せなヒロインと思われている。だが、彼女の大きな使命の一つは父親を介護することだった。このような中、どのようにして英国の「真正の紳士階級」、大土地所有の家父長の娘が「結婚」にたどり着いたか。父と娘と夫との関係を見て、エマの悲しみと幸せを一緒に考えたい。(講師・記)

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2023/3/29
曜日・時間
水曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
・メールアドレスの登録がある方全員にZOOM招待メールをお送りします。

講師詳細

植松 みどり(ウエマツ ミドリ)
1965年津田塾大学学芸学部英文学科卒業。同大学大学院文学研究科博士課程満期退学。日本ジョージ・エリオット協会会長を経て現顧問。日本ジェイン・オースティン協会理事。イギリス女性史研究会会員。専門はイギリス文化・文学。特に近代英国小説を研究。
著書に『ジェイン・オースティンと「お嬢さまヒロイン」』(朝日出版社)、『「ジェイン・エア」』と「嵐が丘」』(河出書房新社)(共著)『ブロンテ姉妹と15人の男たちの肖像』(ミネルバ書房)(共著)訳書に『エミリ・ブロンテ』(河出書房新社)『ブラック・ヴィーナス』(河出書房新社)。「フロス河畔の水車場」(彩流社)、『狼と駈ける女たち』(新潮社)(共訳)、『嵐が丘』(学研)(共訳)など。