迷惑メール送信者特定のための数理 オンライン講座

  • 明石 重男(東京理科大学教授)
講師詳細

 迷惑メールを始めとするサイバー犯罪。迷惑メールは、私達の元になぜ届いてしまうのでしょうか? それは、現代の電子メール送受信システムが、メール送信の際に「受信先メールアドレスしか確認しない」ためです。送信元不明の印刷体郵便物が、受信先に届いてしまうのと同じ理由です。それでは、迷惑メールやなりすましメールを送ってきた悪意ある送信者を、専門家に依頼することなく、特定できるのでしょうか? サイバー犯罪は、通常の犯罪と異なり、私達の想像の及ばない点があります。
 本講座では、サイバー犯罪特定のための数理的原理の理解をめざします。その一環として、犯罪について「事件を耳から聴く」のではなく「現象を眼で確認する」ための模擬実験も行います。実行原理を理解することで、見えない相手への恐怖心を除去しましょう。(講師・記)

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座は教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/3/27
曜日・時間
土曜 18:30~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
その他
〈教室でご参加の方〉教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

明石 重男(アカシ シゲオ)
東京工業大学大学院理工学研究科情報科学専攻博士課程修了。理学博士。専門は応用数学と計算機科学。2010年よりシスコネットワーキングアカデミー公認インストラクタ。2013年より優秀インストラクタの称号授与。2015年より文部科学省管轄「高等学校理系教育推進事業スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会」メンバー。2020年国立科学技術振興機構主催「スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会全国大会審査委員会」メンバー。2017年国際会議「International Conference for Leading and Young Computer Scientists」においてAchievement award受賞。2018年国際学術団体「Asia Pacific Society for Computing and
Information Technology」フェロー。著書に『電子情報通信用語事典』(分担執筆、電子情報通信学会編、コロナ社)、『エントロピー解析とその応用』(単著、牧野書店)、『現代数学への展望』(単著、横浜図書)。1995年から1996年までローマ大学ボルテラセンター客員研究員、1999年から2000年まで度南イリノイ大学准教授(新潟大学准教授との兼任)。