ザ・シルクロード

  • 撮影 村田恭子
  • 中野 照男(東京文化財研究所名誉研究員)
  • 宮下 佐江子(国士舘大学イラク古代文化研究所共同研究員)
  • 前田 たつひこ(平山郁夫シルクロード美術館学芸員)
  • 北 進一(群馬県立女子大学講師)
全ての講師
講師詳細

 シルクロードは地中海世界と広大なアジア世界を結ぶ多様な経済・文化交流の歴史的通路を象徴する雅称です。そこには生活のために苦闘した人びとや新たな世界を発見し躍動する人びとの姿が万華鏡のように映し出されています。シルクロードの壮大な地域と歴史に、様々な角度から光を当てるシリーズ。
 第Ⅳ期はシルクロードを行き交った様々な動物や衣食住です。シルクロードは、多彩な信仰をもつ実在動物が生息し、また実在動物や空想動物を表した美術品や文様が伝播していきました。そして、衣食住もシルクロードで多様に展開します。ラピスラズリを使った華麗な壁画が石窟内を彩り、葡萄酒は饗宴の場で飲まれ、なつめやしが祭祀に使われました。これらの伝播、流伝、変容、展開に光を当てて、シルクロードを愉しんでみませんか?(講師・記)

〈スケジュール〉
※カリキュラムの順番を変更いたします。

第1回 6/17 鹿と猿の図像学   北進一先生
第2回 7/8  葡萄酒—古代から高級品?   宮下佐江子先生
第3回 7/15 蚕と絹の西漸     北進一先生
第4回 7/22 魅惑的な青の輝き―顔料としてのラピスラズリ   中野照男先生
第5回 9/2  トリトンと海獣たち―死後の渡し守   前田たつひこ先生
第6回 9/16 ナツメヤシ―勝利と永生の表徴   前田たつひこ先生

〈参考書〉『シルクロードの世界』(NHK出版)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・6/17、7/8、7/15、7/22、9/2、9/16(水)10時半~12時に講義を行います。カリキュラムの順序を変更しました(5/20更新)

日程
2020/6/17, 7/8, 7/15, 7/22, 9/2, 9/16
曜日・時間
第1週・第3週・第5週 水曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,800円 
持ち物など
〈テキスト〉当日、プリントを配布します。
その他
・7/8は18号教室に変更します。
・7/22は3号教室に変更します。
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

中野 照男(ナカノ テルオ)
1950年生まれ。1973年九州大学文学部卒業、1978年九州大学大学院文学研究科博士課程中退、1978年東京国立博物館研究員、1992年東京国立文化財研究所美術部第一研究室長、その後、独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所副所長、成城大学文芸学部第二世紀特任教授を経て、現在東京文化財研究所名誉研究員。専攻分野は、東洋美術史、とくに中央アジアの仏教美術史。主な著書:『中国石窟 クムトラ石窟』(共著)1985年 平凡社、『仏画の見かた 描かれた仏たち』2001年 吉川弘文館など。
宮下 佐江子(ミヤシタ サエコ)
1952年東京都生まれ。上智大学文学部史学科卒。国士舘大学イラク古代文化研究所共同研究員。奈良県橿原考古学研究所によるパルミラ遺跡発掘調査に1990年以来美術的遺物調査担当として参加。著書に『古代オリエントの世界』(共著)『ユーラシアの風 新羅へ』(共著)『シルクロードのガラス』(共著)ともに山川出版社など。
前田 たつひこ(マエダ タツヒコ)
1954年生まれ。東海大学文学部卒業。平山郁夫シルクロード美術館学芸員。和光大学兼任講師。共著に『文明の道2ヘレニズムと仏教』(NHK出版)、『カラー版東洋美術史』(美術出版)、『世界美術大全集東洋編15中央アジア』(小学館)、『死と来世の神話学』(言叢社)、訳書にF. ティッソ『図説ガンダーラ』(東京美術)、A.フーシェ『ガンダーラ考古游記』(同朋舎)ほか、論文に「クシャーン王朝揺籃の地」、「スルフ・コタルの宗教について」など。
北 進一(キタ シンイチ)
1963年生まれ。中国・山東大学留学。アジア文化史専攻。美術研究センター講師、群馬県立女子大学兼任講師。著書に『アシュラブック 興福寺阿修羅像から東大寺不空羂索観音像へ』(美術出版社)、『ほとけを知る 仏像めぐりハンドブック』(シンコーミュージック・エンタテイメント)。共著に『カラー版 東洋美術史』(美術出版社)、『世界美術大全集 東洋編15 中央アジア』(小学館)、『中国世界遺産の旅3 四川・雲南・チベット』(講談社)ほか。