西ヶ原一里塚から渋沢史料館・飛鳥山公園・音無親水公園へ 東京文学散歩

  • 青木 登(紀行作家)
講師詳細

新札の顔になる渋沢栄一が、晩年に住んだ旧居跡に建つ渋沢史料館。現在は、飛鳥山公園内にある史料館の敷地には、晩香廬と青淵文庫という和洋折衷建築が今でも残ります。その後は、石神井川の流れの一部を取り入れ、日本の都市公園100選に選出された音無親水公園に訪れます。
■行程
【東京メトロ南北線「西ヶ原駅」】→ 西ヶ原一里塚 → 渋沢史料館 → 晩香廬 → 青淵文庫 → 飛鳥山公園 → 音無親水公園 →  【東京メトロ南北線「王子駅」】 (16:00頃解散)
              



残席わずか
日程
2021/12/1
曜日・時間
水曜 13:00~16:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,180円 一般 5,280円
持ち物など
※緊急事態宣言発令につき施設見学不可の為、延期いたします。内容は変更ありません。9/8(水)➡12/1(水)
◆集合場所 ➡ 13:00 東京メトロ南北線「西ヶ原駅」 改札口前
・お持物:歩きやすい服装、雨具、帽子、飲物、常備薬、健康保険証のコピーなど。
・交通費・入館料・飲食代などは各自でお支払い下さい。
・急な閉園等の場合は、外観のみ又は、コース変更の場合もございます。
・欠席、遅刻連絡は(平日・土曜日9:30~17:30)にプロジェクト事業本部 <℡03-3344-2041>まで。

講師詳細

青木 登(アオキ ノボル)
東京学芸大学卒業。カルチャースクールの講師として活躍。「東京庭園散歩」(のんぶる舎)、「名作と歩く東京山の手・下町」(けやき出版)等、多数のガイドブックを執筆。