文鳥とインコ・心のちがい、行動のちがい オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 書影
  • 細川 博昭(サイエンスライター)
講師詳細

空を飛ぶ生き物であり続けるために、鳥、特に小鳥類は、この数千万年のあいだ、姿を大きく変化させることなく暮らしてきました。スズメの仲間も、オウムやインコの仲間もそうで、それぞれが近い姿をしています。
 しかし実は、「小鳥」とまとめて呼ばれる鳥たちも、その心や行動が種ごとにかなりちがっています。その心は、見かけ以上に大きく異なっています。
 日本では、文鳥やジュウシマツなど、フィンチと呼ばれる鳥たちが多数、飼育されてきました。インコやオウムの仲間も、小型から大型に至るまで、多くの種が飼育されています。
飼育されている鳥の中から今回は、フィンチの代表として文鳥を、インコ・オウムの代表としてセキセイインコ、コザクラインコ、ボタンインコと、最小のオウムであるオカメインコを取り上げ、文鳥とインコ・オウムの心と行動のちがいを比較してみます。同時に、人間に対する各々の意識のちがいも、個性を含めて紹介してみようと思います。
(講師・記)

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/11/6
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

細川 博昭(ホソカワ ヒロアキ)
作家。サイエンスライター。鳥を中心に、歴史と科学の両面から人間と動物の関係をルポルタージュする。おもな著作に、『人と鳥、交わりの文化誌』『鳥を識る』(春秋社)、『くらべてわかる 文鳥の心、インコの気持ち』『長生きする鳥の育てかた』『老鳥との暮らしかた』『うちの鳥の老いじたく』(誠文堂新光社)、『マンガでわかるインコの気持ち』(SBクリエイティブ)、『身近な鳥のすごい辞典』『インコのひみつ』(イースト新書Q)などがある。日本鳥学会、ヒトと動物の関係学会ほか所属。
twitter: @aru1997maki