通史で学ぶ中国の歴史 王莽の新王朝から後漢の全盛期を経て衰退へ
  • 教室開催

  • 岡田 宏二(大東文化大学名誉教授)
講師詳細

 人類の起こりの旧石器時代から、ラストエンペラーが退位して清王朝が滅亡する20世紀初頭までの中国の歴史をシリーズで解説し、歴史の流れや要点をおさえながら、中国史の基礎を学びます。
 今期は、王莽が新王朝を建国した頃から、劉秀が後漢を建国し、全盛期を迎えたが、やがて後漢が衰退していく頃までの歴史を、分かりやすく解説します。(講師・記)


◈◈◈ 歴史的にみる重要なことがら ◈◈◈
・王莽 ・赤眉の乱  ・劉秀  ・昆陽の戦い  ・南陽劉氏  
・更始帝 ・光武帝 ・南匈奴  ・北匈奴  ・班超 ・甘英  
・大秦国王安敦 ・外戚 ・梁后 ・宦官 ・党錮の禁


《今期のテーマ》※内容は一部変更になる場合がありますので予めご了承ください。
第1回 王莽による新王朝
第2回 後漢の建国と光武帝の政治
第3回 後漢の全盛期と対外政策
第4回 後漢の衰退

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2022/7/11, 7/25, 9/12, 9/26
曜日・時間
第2週・第4週 月曜 13:00~14:30
回数
4回
受講料(税込)
会員 13,200円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
<持ち物>筆記用具、ノート
・板書を中心に講義を進めます。
・講座後に質疑応答のお時間がございます。ご質問はその際にお願いいたします。
・教材費はカラー資料のコピー代を含みます。
・資料は初回に今期分すべてお渡しいたします。
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

岡田 宏二(オカダ コウジ)
大東文化大学名誉教授。博士(中国学)。専門は、中国史・民族史。日本女子大学・東洋大学・日本大学で非常勤講師も歴任。主な著書に単著『中国華南民族社会史研究』(汲古書院)、共著『アジア諸民族の歴史と文化』(六興出版)、『平凡社大百科事典』(平凡社)、『世界皇帝人名辞典』(東京堂出版)、『世界歴史大辞典』(教育出版センター)ほか多数。