2020年の哲学史12講

  • 岡本 裕一朗(玉川大学教授)
講師詳細

 哲学を読み解くには、そこで使われる基本的な概念を理解しなくてはならないが、そうした概念の背後には、複雑な文脈が控えていて、一般論ではなかなかリアルにつかみづらい。そこで、本講座では、現代において常識化したさまざまな概念を、その源流にさかのぼって、その意味を考えることにする。講座は、一回完結なので、それぞれ以前の回を前提せずに、理解できるようにしたい。 (講師・記/2020年1月開講。1年・全12講予定)

〈スケジュール〉
第1回:アウグスティヌスとリベラル・アーツ
第2回:中世哲学の普遍論争
第3回:デカルトと近代

〈講座全予定〉※変更する可能性があります。
第1回:プラトンとディアレクティケー
第2回:アリストテレスと論証のレトリック
第3回:ストア派と記号論
第4回:アウグスティヌスとリベラル・アーツ
第5回:中世哲学の普遍論争
第6回:デカルトと近代
第7回:ヒュームと経験論
第8回:カントと超越論哲学
第9回:ベルクソンと時間論
第10回:ハイデガーと解釈学的存在論
第11回:ローティとプラグマティズム
第12回:デネットと自然主義

〈オンライン講座注意事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ミーティングを使ったオンライン講座です。簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。質問時間では、受講者のお名前や映像・音声がクラス内で共有されます。予めご了承ください。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日の前日前まで)。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは初回開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
・開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

春学期(4月~6月)に予定していた講座は7月から開講いたします。日程を御確認ください。この講座はオンラインでも、教室でもどちらでも受講可能です。オンライン受講を希望される方はメールアドレスをご登録ください。(5/22更新)

日程
2020/7/18, 8/29, 9/19
曜日・時間
土曜 18:30~20:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

岡本 裕一朗(オカモト ユウイチロウ)
1954年福岡県生まれ。九州大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。九州大学文学部助手を経て、現在、玉川大学文学部名誉教授。専攻は哲学・倫理学。
著書に、『ネオ・プラグマティズムとは何か―ポスト分析哲学の新展開』『ヘーゲルと現代 思想の臨界』『ポストモダンの思想的根拠』『異議あり!生命・環境倫理学』(すべてナカニシヤ出版)、『12歳からの現代思想』(ちくま新書)、『モノ・ サピエンス』(光文社新書)、『ヘーゲル入門』(共著・河出書房新社)、『フシギなくらい見えてくる!本当にわかる現代思想』(日本実業出版社)、『フランス現代思想史』(中公新書)、『いま世界の哲学者が考えていること』(ダイヤモンド社)、『ほんとうの「哲学」の話をしよう』(中央公論新社)など多数。