ロッシーニ音楽祭40年史 名演と名歌手の歩み

  • 水谷彰良講師
  • 水谷 彰良(日本ロッシーニ協会会長)
講師詳細

 ロッシーニ生誕の地ペーザロで毎年夏に開催されるロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル。1980年に開始され、今年40周年を迎えるこの音楽祭は、ロッシーニ作品の復興のみならず、卓越した歌手の発掘と育成を通じて現代のベルカント復興にも寄与し、世界のオペラ界を刷新する原動力となっています。この講座では、80年代のヴァレンティーニ=テッラーニ、カバリエ、ホーン、デヴィーア、90年代のデッシー、フローレス、カサロヴァ、バルチェッローナのデビューから2018年《リッチャルドとゾライデ》までの名歌手と名演の歩みを、豊富な上演映像を用いて振り返ります。(講師・記)

お申し込み
日程
2019/7/24, 7/31
曜日・時間
水曜 13:00~14:30
回数
2回
受講料(税込)
会員 6,480円 一般 7,776円

講師詳細

水谷 彰良(ミズタニ アキラ)
1957年東京生まれ。音楽・オペラ研究家。著書『プリマ・ドンナの歴史 I・II』『ロッシーニと料理』『消えたオペラ譜』『サリエーリ』『イタリア・オペラ史』『新 イタリア・オペラ史』『ロッシーニ《セビーリャの理髪師》』『サリエーリ 生涯と作品』のほか共著多数。『サリエーリ』で第27回マルコ・ポーロ賞を受賞。多数の論考を次のサイトに掲載。https://www.akira-rossiniana.org/