【教室受講】バッハ「無伴奏チェロ組曲」の世界  シリーズ・バッハ
  • 教室開催

  • © 鍋島徳恭
  • 堤 剛(チェリスト)
講師詳細

 日本を代表するチェリストの堤剛さんは、バッハの組曲を「チェロのためのレパートリーの原点になっている大事な作品」と語ります。
 組曲を構成する6作品それぞれの豊かな個性を深く読み解き、いかに表現するか。
 この講座では、バッハの無伴奏チェロ組曲の魅力を実演をまじえて解説します。

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

満席になりました

注意事項

・教室受講は満席になりました。本講座はキャンセル待ちは承っておりません。空席が出た場合は随時ツイッター@asakarukoでお知らせします。オンライン受講のお申し込みは受付中ですのでリンク先からどうぞ→https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/ea94a75a-a170-90ea-5231-62565678bc39
・メールアドレスの登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/7/10
曜日・時間
日曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,553円 一般 4,653円
設備費(税込)
165円

講師詳細

堤 剛(ツツミ ツヨシ)
 名実ともに日本を代表するチェリスト。桐朋学園子供のための音楽教室、桐朋学園高校音楽科を通じ齋藤秀雄に師事。1961年インディアナ大学に留学、ヤーノシュ・シュタルケルに師事。同年ミュンヘン国際コンクール第2位、カザルス国際コンクール第1位入賞。
 これまでに鳥井音楽賞(現サントリー音楽賞)、ウジェーヌ・イザイ・メダル、モービル音楽賞、N響有馬賞、ウィーン市功労名誉金賞、毎日芸術賞、文化庁創立五十周年記念表彰など多数受賞、表彰されている。
 2009年秋の紫綬褒章を受章。2013年、文化功労者に選出。
 現在、桐朋学園大学特命教授(前学長2004~2013年)、韓国国立芸術大学客員教授。2007年よりサントリーホール館長。日本藝術院会員。