2019年の文芸を振り返る

  • 斎藤 美奈子(文芸評論家)
講師詳細

数多くの文芸作品が発表された2019年。話題を呼んだ代表的な作品や、芥川賞・直木賞などの受賞作、講師が注目する新人作家、近年の傾向などを解説します。

この講座は終了しました
日程
2020/2/1
曜日・時間
土曜 18:00~19:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください

講師詳細

斎藤 美奈子(サイトウ ミナコ)
文芸評論家。1956年、新潟市生まれ。成城大学経済学部卒業。児童書等の編集者を経て、1994年に『妊娠小説』(ちくま文庫)でデビュー。朝日新聞書評委員を務めるほか、各紙誌で文芸評論や書評などを執筆する。2002年に『文章読本さん江』(筑摩書房)で第一回小林秀雄賞受賞。他の著書に『紅一点論』(ちくま文庫)、『モダンガール論』(文春文庫)、『戦下のレシピ』(岩波現代文庫)、『ニッポン沈没』(筑摩書房)、『名作うしろ読み』『名作うしろ読みプレミアム』(中公文庫)、『文庫解説ワンダーランド』、『日本の同時代小説』 (岩波新書)など多数。