憲法と社会
  • オンライン講座

  • 木村草太さん©岩沢蘭
  • 大澤真幸さん
  • 大澤 真幸(社会学者)
  • 木村 草太(東京都立大学教授)
講師詳細

 この講座では、倍速視聴・大正時代・「親ガチャ」などのキーワードを素材に、法学と社会学の観点から現代社会を分析して行きます。なぜ、私たちは動画を倍速視聴するのか。鬼滅の刃は、なぜ大正時代を舞台にしたのか。どうして、「才能ガチャ」や「先生ガチャ」ではなく「親ガチャ」という言葉が流行るのか。こうした問いを立てながら、現代の日本社会のことを考えてみましょう。  (木村・記)

 <受講のご案内>

・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asaiculture.com までお問合せください。・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/3/1
曜日・時間
火曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,740円 一般 4,290円

講師詳細

大澤 真幸(オオサワ マサチ)
1958年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。著書に『虚構の時代の果て』(ちくま新書)、『恋愛の不可能性について』(春秋社)、『電子メディア論―身体のメディア的変容』(新曜社)、『戦後の思想空間』(ちくま新書)、『<不気味なもの>の政治学』(新書館)、『ナショナリズム論の名著50』(平凡社)、『文明の内なる衝撃』(NHKブックス)、『自由を考える』(共著・NHKブックス)、『ナショナリズムの由来』(講談社)、『逆説の民主主義』(角川書店)、『不可能性の時代』(岩波書店)、『<自由>の条件』(講談社)など多数。
公式サイト http://osawa-masachi.com/
木村 草太(キムラ ソウタ)
1980年神奈川県生まれ。憲法学者。東京大学法学部卒業。同大学院法学政治学研究科助手を経て、現在、東京都立大学大学院法学政治学研究科教授。主な単著に『木村草太の憲法の新手2』(沖縄タイムス社、2019年)、『自衛隊と憲法』(晶文社、2018年)、『憲法の急所(第2版)』(羽鳥書店、2017年)、『憲法という希望』(講談社現代新書、2016年)、『テレビが伝えない憲法の話』(PHP新書、2014年)、『憲法の創造力』(NHK出版新書、2013年)、『平等なき平等条項論』(東京大学出版会、2008年)など、主な共著に『ほとんど憲法(上下)』(河出書房新社、2020年)、『憲法問答』(徳間書店、2018年)、『集団的自衛権はなぜ違憲なのか』(晶文社、2015年)、『憲法学再入門』(有斐閣、2014年)、『未完の憲法』(潮出版社、2014年)などがある。