【オンライン受講】知れば知るほど面白い、日本フィル定期演奏会
  • 教室・オンライン同時開催

  • 山田和樹さん
  • 奥田佳道さん
  • 山田 和樹(指揮者)
  • 奥田 佳道(音楽評論家)
講師詳細

 日本フィル東京定期演奏会の毎月のプログラムについて、音楽的魅力にとどまらず、歴史的背景やほかの文化的要素とからめて日本フィルを知り尽くす音楽評論家・奥田佳道氏がご案内します。
 シリーズ初回となる今回は、ゲストに指揮者の山田和樹氏をお迎えします。シーズン開幕となる9月の演奏会は戦争前夜の1935年を想起するプログラム。そこに込めた意図や聴きどころ、音楽の魅力を語り合います。

★こちらはオンライン受講用の受付です。教室受講(料金が異なります)を希望される方はリンク先からお申込みください。→https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/3c8b2100-ab37-f123-8804-62c4dfb0d58c
申し込み後の振り替えはできませんのでご注意ください。

■日本フィル東京定期演奏会のご案内
日時:2022年09月02日(金曜日)19時00分/2022年09月03日(土曜日)14時00分
会場:サントリーホール
指揮:山田和樹、ヴァイオリン:田野倉雅秋[日本フィル・コンサートマスター]
プログラム:貴志康一:ヴァイオリン協奏曲、ウォルトン:交響曲第1番
https://japanphil.or.jp/concert/25016
★朝日カルチャーセンター会員の方は日本フィルサービス・センターに電話申し込みしていただくと1割引きでチケットの購入が可能です。(TEL:03-5378-5911 平日11時~17時)

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。このページではオンライン受講を承ります。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したハイブリッド講座です。こちらはオンライン受講用の受付です。教室受講(料金が異なります)を希望される方はリンク先からお申込みください。→https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/3c8b2100-ab37-f123-8804-62c4dfb0d58c 申し込み後の振り替えはできませんのでご注意ください。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/9/1
曜日・時間
木曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,783円 一般 3,333円
設備費(税込)
-
その他
・この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

山田 和樹(ヤマダ カズキ)
東京藝術大学指揮科で松尾葉子・小林研一郎の両氏に師事。第51回ブザンソン国際指揮者コンクール(2009年)で優勝後、ただちにモントルー=ヴェヴェイ音楽祭にてBBC交響楽団を指揮してヨーロッパデビュー。2010年から2017年までスイス・ロマンド管弦楽団の首席客演指揮者。2022年8月まで10年にわたり、日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者を務めた。現在、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督兼音楽監督、バーミンガム市交響楽団首席客演指揮者(2023年4月から首席指揮者兼アーティスティックアドバイザーに就任)、読売日本交響楽団首席客演指揮者、横浜シンフォニエッタ音楽監督、東京混声合唱団音楽監督兼理事長。著書に『山田和樹とオーケストラのとびらをひらく』(アリス館)、「超」音楽対談 オーケストラに未来はあるか』(対談・アルテスパブリッシング)、『「自由」の危機 ―息苦しさの正体』(論考集・集英社新書)。ベルリン在住。
http://www.kazukiyamada.com/
奥田 佳道(オクダ ヨシミチ)
1962年東京生れ。ヴァイオリンを学ぶ。ドイツ文学、西洋音楽史を専攻、ウィーンに留学。共・著書に「これがヴァイオリンの銘器だ」(音楽之友社)、「おもしろバイオリン事典」(ヤマハミュージックメディア)、「オペラガイド130選」(成美堂出版)ほか。
1993年からNHK、日本テレビ、WOWOW、クラシカ・ジャパン、TOKYO FM、MUSIC BIRDなどの音楽番組に出演。くらしき作陽大学講師、エリザベト音楽大学パフォーマンスフォーラム講師を務めた。NHK音楽祭のプレトークを行なったほか、20年以上に渡ってウィーン・フィルニューイヤーコンサート生中継の解説をFM、BS、Eテレのいずれかで行なった。2019年は、FM放送50周年を記念した10時間のスペシャル番組、BS4Kザルツブルク音楽祭ウィーン・フィル生中継の解説を担当。2012年4月から2020年3月までNHK-FM「オペラ・ファンタスティカ」のパーソナリティのひとり。ラジオ深夜便「クラシックの遺伝子」(聞き手:森田美由紀)に出演中。2020年4月から日曜朝のNHKラジオ第1放送<音楽の泉>(月曜午前5時FM再放送)に出演。