8/30ムンロ王子のタロット占い  中級編 ②棒(ワンド)の世界

  • ムンロ王子 (ハイブリッドパフォーマー)
講師詳細

タロットカードは全部で78枚あり、22枚の大アルカナと56枚の小アルカナで構成されています。この中級編では56枚の小アルカナをピタゴラスの数秘術をベースに体系化して6 回に分けて解説します。本コースは入門編1回、初級編5回を履修した人を対象としていますが、それらを履修していなくても授業は理解できるようにできています。

初級編では大アルカナを、この中級編では小アルカナを解説しますので、それらを履修することによりタロットカード78枚全てについて理解できるようになっています。その先は上級編となり、上級編ではプロのタロット占い師を養成するために占いの方法やカードの読み解き方など、より実践的な講座となります。

占いの世界を知りたい、趣味でやってみたいという初心者でもお楽しみいただけますので、教養のひとつとして気軽に履修されても良いと思います。(講師・記)
※テーマ毎の申込も可能です。
※6回を前半(7~9月)3回と後半(10~12月)3回に分けての申込になります。

◆前半(7~9月)の3回
第1回 7月19日(金)
「概略〜小アルカナ56枚の世界〜」
小アルカナ56枚の全体の構成と、棒、聖杯、剣、金貨の4種類のスートにおける10枚の数札の展開の仕方、宮廷(コート)カードの相関関係について解説します。

第2回 8月30日(金)
「棒(ワンド)の世界」
小アルカナの『棒』のスートについて、10枚の数札を一枚ずつ解説しながら、全体における位置付けや数が増えることによる意味の展開の仕方について解説します。

第3回 9月20日(金)
「聖杯(カップ)の世界」
小アルカナの『聖杯』のスートについて、10枚の数札を一枚ずつ解説しながら、全体における位置付けや数が増えることによる意味の展開の仕方について解説します。

◆後半(10~12月)3回
第4回 10月18日(金)
「剣(ソード)の世界」
小アルカナの『剣』のスートについて、10枚の数札を一枚ずつ解説しながら、全体における位置付けや数が増えることによる意味の展開の仕方について解説します。

第5回 11月15日(金)
「金貨(コイン)の世界」
小アルカナの『金貨』のスートについて、10枚の数札を一枚ずつ解説しながら、全体における位置付けや数が増えることによる意味の展開の仕方について解説します。

第6回 12月20日(金)
「宮廷(コート)カードの世界」
小アルカナの『宮廷(コート)カード』について、大アルカナの人物を示す4枚のカードとの関係も含めて、人物を示すカード全体を解説します。

この講座は終了しました

注意事項

=NEWS!=
8月27日より10講座の受付開始!新規ご入会の方を対象に入会金500円キャンペーンを実施します!入会された方は、公開講座を会員料金でご受講いただけます。
◆秋のお得なキャンペーンはこちら 
https://www.asahiculture.jp/page/shinjuku/campaign

日程
2019/8/30
曜日・時間
第3週・第5週 金曜 19:00~20:45
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,456円 
教材費(税込)
資料代 432円
持ち物など
≪各自ご用意≫筆記用具

講師詳細

ムンロ王子 (ムンロオウジ )
東京大学法学部を卒業。趣味で始めたタロットが評判となり、10年間で1万人以上を占う。『anan』『週刊朝日』『女性セブン』で紹介されるなど、雑誌、テレビで大活躍。『サンスポ・コム』では日本ダービーを予想し万馬券を当てるなど、話題沸騰中!