表現者ノマド 翻訳と演技は似ている!?

  • 大空ゆうひさん
  • ©講談社
  • 岸本 佐知子(翻訳家)
  • 大空 ゆうひ(俳優)
講師詳細

  元宝塚歌劇団宙組トップスターの大空ゆうひさんが、さまざまな分野で活躍中の表現者と語り合う「表現者ノマド」シリーズ。
 第11回のゲストは翻訳家の岸本佐知子さんです。以前 岸本佐知子さん訳「居心地の悪い部屋」を舞台で朗読された大空さん。 岸本さんの翻訳する小説だけではなく、エッセイの大ファンでもあります。
 違う言語で描かれた世界を移し替えていく「翻訳」という仕事の魅力を伺いながら、演技との共通点を探ります。

〈オンライン講座ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日の前日まで)。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
・開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomでリアルタイム視聴される場合は、 必ずソフトウェアを最新版にアップデートの上ご覧ください。また本講座は受講者全員に後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

〈WEB決済のご案内〉
・モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)をご利用の場合、当社からのメール『@asahiculture.com』を受信できるようドメイン設定をお願い致します。
・当社からID,パスワード確認メールが届かない場合はこちらをご覧ください。⇒https://www.asahiculture.jp/page/faq 

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

・新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み本講座は日程を変更し、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座として行うことになりました。
・Zoomでリアルタイム視聴される場合は、 必ずソフトウェアを最新版にアップデートの上ご覧ください。また本講座は受講者全員に後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間限定ですが、リアルタイムではなくてもご覧いただけます。

日程
2020/7/9
曜日・時間
木曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,740円 一般 4,840円
その他
・質問は当日リアルタイムで、ZoomのQ&A欄にお寄せください。

講師詳細

岸本 佐知子(キシモト サチコ)
上智大学文学部英文学科卒。洋酒メーカー宣伝部勤務を経て翻訳家に。主な訳書にルシア・ベルリン『掃除婦のための手引き書』、ミランダ・ジュライ『最初の悪い男』、リディア・デイヴィス『話の終わり』、ショーン・タン『セミ』、ジョージ・ソーンダーズ『十二月の十日』、ニコルソン・ベイカー『中二階』、ジャネット・ウィンターソン『灯台守の話』など多数。編訳書に『変愛小説集』『居心地の悪い部屋』『コドモノセカイ』『楽しい夜』など。著書に『気になる部分』『ねにもつタイプ』『なんらかの事情』『ひみつのしつもん』などがある。『ねにもつタイプ』で第23回講談社エッセイ賞を受賞。
大空 ゆうひ(オオゾラ ユウヒ)
東京都出身。1992年宝塚歌劇団に入団。2009年に宙組男役トップスターに就任し、絶大な人気を誇る。12年に退団後、翌年に蜷川幸雄演出『唐版 滝の白糸』で主演を務め、女優としての再出発を果たす。以降、舞台や映像作品で活躍しながら、音楽ライブの開催やコンサートへの出演など多彩な表現活動を展開している。近年の主な舞台出演作品に、『HEADS UP!』(演出:ラサール石井)、『人形の家』(演出:一色隆司)、『グッド・バイ』(作演出:山崎彬)、『まさに世界の終わり』(演出:石丸さち子)、現代能『陰陽師 安倍晴明』(演出:野村萬斎)、『めんたいぴりり~博多座版~』(演出:東憲司) 、『今日もわからないうちに』(作・演出:加藤拓也)、『鎌塚氏、舞い散る』(作・演出:倉持裕)、『お勢、断行』 (作・演出:倉持裕) など。