通信講座 英語俳句を楽しもう 新規 7月受講開始

  • 講師のデビッド・マクマレイさん
  • David McMurray

自宅で学べる通信講座です。

<講師のことば>
「国際俳句」、なかでも英語で詠む「英語俳句」を作ります。
初めての方にも基本から指導し、英語で俳句を詠めるようになることを目指します。ゆくゆくは、できあがったオリジナルの俳句を新聞の投句コーナーへ送ったり、コンテストでの受賞を狙ったりすることも可能です。

日本の俳句の魅力を最初に見出した西洋人は、19世紀の終りに俳句を書いて訳したギリシャ生まれのアイルランド系ギリシャ人のラフカディオ・ハーン(小泉八雲)です。
また、20世紀のはじめ、日本語以外の言語で詠まれた5-7-5の短詩の最初の詩集を著したのは、フランス人ポール・ルイ・コーシュです。
これら二人のヨーロッパ人が、25以上の言語、40以上の国々で俳句を作ることを引き起こした、「国際俳句」のブームの元祖だったと考えられます。
現在、世界中で俳句組織は約40カ国に設立されていて、ほとんどの団体は毎年、大会を開催しています。また、国際会議やコンテストで、俳句は25もの言葉で詠まれ、共有されているのです。
年々生み出される俳句の大多数は日本語で詠まれています。しかし、この21世紀には、次に最も多く使われる言葉は英語です。ほとんどの世界中の新俳人は、英語を彼らの俳句やその訳のための言語として選びます。

この通信講座では、「国際俳句」の発展について学び、 日本以外でなぜ俳句に人気があるのか考えてみます。また、世界中の俳句を学ぶために、eメール、インターネット、新聞などを積極的に使用することが望まれます。

●提出
毎月1回、3句を提出。
【提出締切日】・・・翌月10日
●返却
提出締切日から約1カ月後です。
※講師の都合により、返却日は前後します。

この講座は、初回からの受講料を全額いただきます。

この講座は終了しました
日程
/
曜日・時間
回数
6回
受講料(税込)
会員 20,110円 一般 20,110円
その他
今回お申し込みの受講期間は7月から6ヵ月間です。
受講期間中の添削回数は6回です。
教材は入金確認後10日前後でお送りします。
この講座は朝日カルチャーセンターに入会する必要はありません。
新規のご受講に限りこのホームページから申し込めます(お支払いはクレジットカードになります)。
ご継続の方(別料金になります)にはコンビニエンスストアからの振り込み用紙を送っています。
※教室と共通の書式を使っているため、一部に通信講座に関係のない表現がありますがご了承ください。