クラシック音楽を生涯の友に

  • 解説:中野雄さん
  • 中野 雄(音楽プロデューサー)
講師詳細

 19世紀ロマン派時代はクラシック音楽の最盛期でした。何故あの時代に大輪の花が咲いたのか、天才たちの成果を追い、その一部を名手の実演に触れて鑑賞しましょう。

4月9日
銘器・アマティを携えて、ヴァイオリニストの杉浦美知が登場。ピアノは名手・平山麻美。フランクの名作「ヴァイオリン・ソナタ」など。

4月23日
銘器・グァダニーニを携えて、若手ヴァイオリニストの永井公美子が来演。ピアニストは盟友・矢島愛子。バッハ&ブゾーニの「シャコンヌ」聴き比べ他。

5月7日
ピアノの巨匠・深沢亮子、ヴァイオリンの名手・瀬川祥子、国際的ヴィオラ奏者・安達真理、期待の若手チェリスト・笹沼樹が奏でる華麗にして優雅なモーツァルトの名曲。

5月28日
ショパン国際ピアノ・コンクール、ファイナリストの名手・根津理恵子が奏でるロマン派の名曲。

6月11日
国際的ヴァイオリニスト・松田洋子をリーダーとするアンサンブル。ヴァイオリニスト・砂金巨佳子、ヴィオリスト・松実健太、チェリスト・久武麻子など。

6月25日
日本音楽コンクール第1位、弦楽会の中核を担うヴァイオリニスト・中村静香と中堅ピアニスト・山崎早登美の久々の来演。

※ゲスト、演奏曲目は予定です。変更する場合もありますのでご了承下さい。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/4/9, 4/23, 5/7, 5/28, 6/11, 6/25
曜日・時間
火曜 13:00~14:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 23,328円 
その他
※ゲスト、演奏曲目は予定です。変更する場合もありますのでご了承下さい。

講師詳細

中野 雄(ナカノ タケシ)
東京大学法学部卒業。日本開発銀行から、オーディオ・メーカーのケンウッドに移り、レコード事業・音響機器生産担当役員(代表取締役)、ケンウッドU・S・A会長などを歴任、株式のニューヨーク上場を果たす。同社在職中より昭和音楽大学作曲学科、津田塾大学の非常勤講師を務める。NHKラジオ深夜便レギュラー講師。著書に『丸山眞男 音楽の対話』、『ウィーン・フィル 音と響きの秘密』、『モーツァルト 天才の秘密』(文春新書)、『音楽家になるには』(ペリカン社)、『指揮者の役割-ヨーロッパ三大オーケストラ物語』(新潮選書)など。