漫画のネームを描いてみよう! オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 冬乃郁也さん
  • 藤津亮太さん
  • 冬乃 郁也(漫画家)
  • 藤津 亮太(アニメ評論家)
講師詳細

 漫画のネームを描き、プロの漫画家がそれを添削するワークショップ講座です。この講座を受けることで、普段何気なく読んでいる漫画が、さまざまな工夫の上で成り立っていることを実感することができます。漫画が好きなアマチュアから、プロ志望者まで、漫画がどのような仕組みでなりたっているかを知りたい方におすすめです。(なお、ネームのための原作が用意されており、物語は自分で考える必要がありません) (藤津講師・記)

〈スケジュール〉
第一回 講義 ネームの書き方 課題の案内もいたします。
第二回 講評 提出作品の講評を行います。

〈ネーム提出方法〉
原作をお渡しするので、ネームにして提出してください。詳細は初回の講義で説明します。
提出は任意です。作品は講座内で配布いたしますのであらかじめご了承ください。
・締め切り 11月19日(金)正午
・形式 JPEGかPDF(できるなら1ページずつ)
・kouzainfo6@asahiculture.com 宛てに件名「漫画のネーム」でお名前(ペンネームの場合は本名と併記)とともにお送りください。件名がないと届きませんのでご注意ください。2~3日以内に必ず返信いたします。返信がない場合にはご一報ください。

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ミーティングを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomミーティングを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/10/23, 11/27
曜日・時間
第4週 土曜 18:00~20:00
回数
2回
受講料(税込)
会員 7,040円 一般 9,240円
設備費(税込)
330円

講師詳細

冬乃 郁也(フユノ イクヤ)
ティーンズラブ誌で漫画家デビュー、その後BL誌を中心に、レポート漫画、映画のコミカライズなどジャンルを問わず執筆中。今年デビュー20年目を迎える。
現在、フロンティアワークス雑紙Dariaにて代表作「バタフライシリーズ」第5シーズン「まなざしは蝶の蜜~バタフライ・アイズ~」(原作 崎谷はるひ)を連載中、集英社BLアンソロジー「君恋」にて新連載準備中。
藤津 亮太(フジツ リョウタ)
1968年生まれ。静岡県出身。アニメ評論家。雑誌・WEB・DVDブックレットなど各種媒体で執筆中。著書に『「アニメ評論家」宣言』、『チャンネルはいつもアニメ』、『声優語』、『プロフェッショナル13人が語る わたしの声優道』がある。毎月第一金曜日はニコニコでアニメに詳しくなれる番組『アニメの門チャンネル』(http://ch.nicovideo.jp/animenomon)を配信中。
HP http://blog.livedoor.jp/personap21/  twitter ID fujitsuryota
★朝日カルチャー講座関連ハッシュタグは #aniyomu