巨大ブラックホールを通して紐解く宇宙の歴史 宇宙の爆発現象シリーズ④

  • 井上芳幸さん
  • イメージ
  • 井上 芳幸(理化学研究所上級研究員)
講師詳細

宇宙には数多の銀河が存在しています。これらの銀河の中心には、なぜか巨大なブラックホールが必ず存在し、大きな銀河ほど大きな巨大ブラックホールを抱えていることが知られています。これは、宇宙の歴史の中で、銀河の中心に住む巨大ブラックホールと銀河が共に成長してきたことを示唆しています。本講演では、最新の理論・観測からわかってきた巨大ブラックホールの姿を紹介しつつ、銀河と共にどのように進化してきたのかをお話します。(講師・記)

この講座は終了しました

注意事項

新宿教室の休業に伴い、日程が変更になりました。(5/12更新)

日程
2020/8/22
曜日・時間
第2週・第4週 土曜 10:00~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,410円 一般 4,510円
その他
全6回通し券もあります。

講師詳細

井上 芳幸(イノウエ ヨシユキ)
1985年兵庫県生まれ。現在、理化学研究所数理創造プログラム上級研究員(文部科学省卓越研究員)。2012年京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻博士課程終了。その後、日本学術振興会海外特別研究員として米スタンフォード大学・SLAC国立加速器研究所、宇宙科学研究所JAXA国際トップヤングフェローを経て、現職。東京大学カブリIPMUの客員科学研究員も兼任。研究内容は、理論・観測を連携させた巨大ブラックホールに関する研究。