メディアとの戦い、ニュースはただか? 世界発・デジタル化社会は民主主義を壊すか③オンライン講座
  • オンライン講座

  • 左:山本教授/右:小暮シドニー特派員
  • 山本教授
  • 小暮シドニー特派員
  • 山本 龍彦(慶応義塾大学教授)
  • 小暮 哲夫(朝日新聞シドニー特派員)
講師詳細

「世界発・デジタル化社会は民主主義を壊すか」の第3回のテーマは、「メディアとの戦い、ニュースはただか?」です。
オーストラリアでは今年、報道機関へのニュース対価を世界で初めて義務づける法案を可決しました。巨大IT企業が莫大な広告収入を上げる中、その影響を受けて、世界中の報道機関の収益が悪化し、青色吐息の状態です。オーストラリアの取り組みは世界に波及するのでしょうか。巨大テック側の対応策は? オーストラリアで現地取材する朝日新聞の小暮哲夫シドニー支局長が報告し、 デジタル社会における民主主義とジャーナリズムのあり方について、慶応大学の山本龍彦教授と話し合います。

①さらされる日本人の個人情報 峯村健司・朝日新聞編集委員(外交・米中担当) 7月2日(金)19時~20時30分
②激突する巨大テック企業と国家 尾形聡彦・同サンフランシスコ支局長 7月16日(金)19時~20時30分
③メディアとの戦い、ニュースはただか? 小暮哲夫・同シドニー支局長 8月6日(金)19時~20時30分
④監視社会を超えて、ヨーロッパの挑戦 和気真也・同欧州総局員 8月20日(金)19時~20時30分

※各回のお申し込みもいただけます。
※各テーマは変更になる場合もございます。

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・【本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。】
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoom【ウェビナー】を使用した【オンライン講座です】【講師はオンライン】。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。【受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。】

日程
2021/8/6
曜日・時間
金曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,100円 一般 3,100円

講師詳細

山本 龍彦(ヤマモト タツヒコ)
1976年生まれ。慶應義塾大学法学部卒業、同学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。博士(法学)。桐蔭横浜大学法学部准教授、慶應義塾大学法務研究科准教授などを経て、現在、慶應義塾大学法務研究科教授。専門は憲法学。慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(KGRI) 副所長、経済産業省・公正取引委員会・総務省「デジタルプラットフォームを巡る取引環境整備に関する検討会」委員、総務省「AIネットワーク社会推進会議(AIガバナンス検討会)」構成員、ヤフー「プラットフォームサービスの運営の在り方検討会」座長なども務める。著書に、『おそろしいビッグデータ』(朝日新書)、編著書に、『憲法学のゆくえ』(日本評論社)、『AIと憲法』などがある。
小暮 哲夫(コグレ テツオ)
朝日新聞シドニー支局長。1996年に朝日新聞社に入社、鹿児島、熊本、久留米の各支局、西部本社報道センター(北九州)、ニューデリー支局、経済部、国際報道部(機動特派員、次長)などを経て、2017年から現職。オーストラリア、ニュージーランドのほか、太平洋の島国各国を担当している。