アレクサンダー・テクニークで歩きを楽に

  • 石田 康裕(ボディチャンス ディレクター)
講師詳細

歩くことが大変になると、活動の幅が減り、全てに前向きでなくなります。脚が弱ると老化が早くなることは、誰もが認めることでしょう。
 1km歩く時、みなさんは楽しいと感じて歩き始めることができるでしょうか、それとも大変だと感じるでしょうか。
楽しく、気分良く長い距離を歩くためには、自分に余計な力をかけることを止めて、負担を無くす必要があります。そうすることで、ひざ痛や股関節の痛み、腰痛の軽減につながります。そして、呼吸が自然に深くなり、血液循環が良くなります。負担のある歩き方は、運動にはなっても身体の自然な活性化にはならないのです。
身体バランスは、筋力だけをトレーニングしても身に付きません。筋肉が全体として働く、「協調的な動き」に変えて、身体が本来持つバランスの力を回復する必要があります。
アレクサンダー・テクニークは、自分の頭の動きを変えることで、身体の緊張を取り自然な動きを回復します。人の身体は、大人になっても子供のような軽やかさで動けるように作られています。身体がすぐに変化することに驚くと思いますが、それが定着するためには、「自分の考え」にも眼を向ける必要があります (講師記)
講座の内容
*第1回目「自分の立ち方、歩き方の特徴を知る」
*第2回目「頭の動きが、歩くときの脚の動きに影響する」
*第3回目「頭の動きが腕の動きに影響して、歩くときの脚の動きに影響する」

お申し込み
日程
2019/10/18, 11/15, 12/20
曜日・時間
第3 金曜 19:00~20:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 10,560円 一般 12,540円
持ち物など
・着替えの必要はありませんが動きやすい服装をおすすめします。筆記用具をご持参ください。

講師詳細

石田 康裕(イシダ ヤスヒロ)
アレクサンダー・テクニークを教える学校の中では世界で最大のBodyChanceでディレク ターを務める。アレクサンダー自身の著書3冊を翻訳し、テクニークの歴史や変遷にも詳しい。機械工学修士。5年間光学メーカーに勤務した後、27年間公立高校で教員生活を送る。データベーススペシャリストなど情報関係の資格を有し、情報関連の高校教科書を執筆している。2001年から3年間、途上国援助のためトルコ共和国に 滞在した経験を持つ。
講師ホームページ http://yasuhiro-alex.jp/