御朱印と出会う開運ウォーク 書籍なし 東京新聞「大人の御朱印」出版記念

  • 「大人の御朱印」(東京新聞) がついています。
  • 浅草神社(三社様)
  • 重信秀年さん
  • 重信 秀年(歴史探訪ライター)
講師詳細

 御朱印集めを始める初心者向けに、絶対行くべき58社寺を紹介し、御朱印の読み方、いただき方を解説した「大人の御朱印」(東京新聞)が刊行されました。健康や幸運などの御利益が期待できる社寺、人生の意義を悟る社寺、日本の歴史や文化に触れられる歴史上の人物ゆかりの社寺など、著者といっしょに、上野、浅草を歩きましょう。
【予定ルート】上野駅公園口⇒寛永寺(本堂にて御朱印※)⇒五重塔、上野東照宮、清水堂観音堂などを通り、上野駅へ。⇒バス(スカイツリーシャトルバス上野・浅草線)にて浅草寺へ。
⇒浅草神社(※御朱印)⇒浅草寺 ※御朱印自由 ⇒浅草寺境内で解散(最寄り駅は地下鉄浅草駅) 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

御朱印を集めてみませんか。神社名や本尊の名を年月日とともにその場で書いていただける御朱印は、参拝した日の感動をいつまでも思い出させてくれます。既に集めている方も元号が令和になったこの機会に改めて参拝してはいかがでしょう。
 収集の手始めとして、東京を代表する上野の寛永寺と浅草の浅草神社を参拝して御朱印をいただき、神社と寺の御朱印の見方を学びましょう。寛永寺は、京を鎮護する比叡山延暦寺にならい、江戸時代に東の比叡山として建てられた寺。寺の名は有名ですが、現在の本堂に参ったことがある人は多くはないはず。本尊は「健康長寿」に御利益がある薬師如来です。浅草神社は、推古天皇の時、浅草寺の観音像を隅田川から網で引き揚げて安置した三人を祭神とする由緒ある宮。江戸時代には三社大権現といい、三社祭はこの神社の例祭です。(講師記)

お申し込み

注意事項

4月開催の予定でしたが、コロナウィルス感染拡大の状況を踏まえ、9月17日に再設定いたしました。4月にお申込みの方には別途ご連絡いたします。

日程
2020/9/17
曜日・時間
木曜 10:00~13:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,510円 一般 5,610円
持ち物など
・持ち物:御朱印帳(なくても可・社寺にて購入できます)歩きやすい服装、雨具、帽子、飲物、常備薬、健康保険証のコピーなど。
その他
◆集合場所 ➡ 10:00  JR上野駅公園口改札外 原則雨天決行 
・交通費・御朱印の費用などは各自でお支払い下さい。(参考:上野浅草間バス220円、初穂料、納経料の目安300~500円)
◆講座のお取り消し、ご欠席について                      
プロジェクト事業本部へ電話でお申し出ください。℡03-3344-2041 9:30~17:30(日曜・祝日を除く)


講師詳細

重信 秀年(シゲノブ ヒデトシ)
1961年広島生まれ。高校時代は山岳部、早稲田大学時代は探検部に所属。高校国語科教諭、広告制作会社コピーライター、世界一周旅行を経て、フリーライターに。主な著書に『運気を開く霊山巡拝』(六月書房)、『「江戸名所図会」でたずねる多摩』(けやき出版)、『関東 楽しく歩こう! ウォーキングコースガイド』『自然を楽しむ 多摩 緑の散歩道』など。2020年2月に東京新聞社より『50にして天命を知る 大人の御朱印』を刊行。