大政翼賛会 と「新体制早わかり」

  • 古川 隆久(日本大学教授)
講師詳細

 『新体制早わかり』は、日中戦争が4年目に入った1940(昭和15)年10月、大政翼賛会の創立直前に、内閣情報部が編集する政府の広報誌『週報』の臨時号として出された、大政翼賛会についての解説パンフレットです。この興味深い史料を読み解いていくことで、翼賛会と当時の日本の「理想」と「現実」を浮き彫りにしていきたいと思います。
 事前に全文をご覧になりたい方は、国立公文書館が運営するインターネットサイト「アジア歴史資料センター」で公開されているデジタル画像をご利用ください(https://www.digital.archives.go.jp/das/image/M2006041921235568866)。 (講師・記)

お申し込み

注意事項

■新型コロナウイルスの感染拡大予防のため新宿教室は5月末日まで全講座休講いたします。5/25休講。→補講日は調整中の為、仮日程です。(5/7更新)

日程
2021/1/1
曜日・時間
金曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
・事前に「新体制早わかり」全文をご覧になりたい方は、国立公文書館が運営するインターネットサイト「アジア歴史資料センター」で公開されているデジタル画像をご利用ください(https://www.digital.archives.go.jp/das/image/M2006041921235568866)。

講師詳細

古川 隆久(フルカワ タカヒサ)
1962年東京都生まれ。東京大学文学部国史学科卒業後、同大学大学院人文科学研究科修了。博士(文学)。横浜市立大学准教授を経て、現在、日本大学文理 学部教授。専攻は日本近現代史。著書に『戦時議会』『戦時下の日本映画』(吉川弘文館)、 『大正天皇』(吉川弘文館)、『東条英機-太平洋戦争を始めた軍人宰相』(山川出版社)、『昭和天皇―「理性の君主」の孤独』(中公新書、サントリー学芸賞)、『近衛文麿』(吉川弘文館)、『昭和史』(ちくま新書)、『建国神話の社会史』(中公選書)、『皇紀・万博・オリンピック』(吉川弘文館、読みなおす日本史、3月刊行予定。1998年刊の復刊)など多数。