絹本に蓮を描く

  • 髙橋 新三郎講師
  • 髙橋 新三郎(日本美術院)
講師詳細

絵絹を木枠に張り、絹本に花を描きます。
古来より使用されているのりの作り方から、絵絹を張る方法まで丁寧に指導します。
絹本が完成したら、蓮を描きましょう。下絵を写す方法や、ぼかし、垂らし込みなど日本画の技法を体験します。独特の光沢をもつ絹に描くことで生まれる表現を楽しみましょう。


★同講師によるレギュラークラス「初歩からの日本画」も受付中!
朝クラス(初心者向け):https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/22919c80-8d3d-ae81-3114-5d038081e1c5
昼クラス(上級者向け):https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/49237849-dab1-eaa5-b897-5d03802d4bc6

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました
日程
2019/10/24
曜日・時間
木曜 10:00~16:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 9,020円 一般 10,340円
教材費(税込)
教材費 2,200円
持ち物など
<皆様ご用意ください>ぞうきん、墨(固形)、カッター、マスキングテープ
<お持ちの方はご用意ください>面相筆、彩色筆、絵刷毛、水干絵具
※途中休憩があります。
※教材準備の都合、お申込み・キャンセルは【10月14日(月)】までにお願いします。

講師詳細

髙橋 新三郎(タカハシ シンザブロウ)
1981年東京芸術大学日本画科卒業。83年同大学院修了。79年春の院展初出品初入選。82年院展初入選。以降毎年出品。東の会日本画展、個展(横浜高島屋)、(渋谷・東急本店)、清瀬市美術家展ほか多数。