• 見学可

花の表現

  • 講師作品
  • 講師作品
  • 井上 耐子(日本美術院)
講師詳細

 日本画の紙、絵絹、岩絵の具、筆、どれをとっても様々な個性があります。題材、表現によって素材を選ぶことは楽しいものです。身近な自然の花の写生を通して、美しい色と形を追求しながら、自分なりの表現をさらに深めていくことができたらと思います。

この講座は新規の方の定員が満席です。前期からひき続き受講されている方のみお申し込みできます。

この講座は終了しました
日程
2019/4/23, 5/28, 6/25
曜日・時間
第4週 火曜 10:00~12:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 13,608円 一般 15,552円
教材費(税込)
花材費 2,268円
持ち物など
<各自ご用意下さい>スケッチブックF6号位、水彩絵具、パステル・色鉛筆などお好きな着彩用具(油彩以外)
その他
●花材のご用意がございますので、1週間前までにお申込ください。直前のお申込は花材がご用意できないことがございます。花材はお持ち帰り頂きます。(仕入れ価格の変動により教材費は変わることがあります)

講師詳細

井上 耐子(イノウエ タエコ)
1968年東京芸術大学日本画科卒業・院展初入選。同大学院にて保存技術専攻、70年修了。安宅賞受賞。79年渡仏。武蔵野美術大学名誉教授。日本美術院特待。