「論語」入門 成立過程と中心概念
  • オンライン講座

  • 渡邉 義浩(早稲田大学教授)
講師詳細

 孔子とその弟子の言行を孫弟子がまとめたと説明されることの多い『論語』ですが、その成立過程は複雑で、津田左右吉によれば、『論語』の半分以上は、後世の作であると言います。また、『論語』の言葉をどのように読むのかも、「新注」と呼ばれる朱子学以降の解釈と「古注」と呼ばれるそれ以前の解釈では、異なる部分が多くあります。本講座では、『論語』の成り立ちをご説明したあとで、仁や孝といった孔子の中心的な概念が「古注」と「新注」でどのように異なるかをご説明して参ります。(講師・記)

1)『論語』の成り立ち』
2)仁について
3)孝について

<ご受講にあたって>
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」を使ったオンライン講座です。Zoomは簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日の1日前まで)。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
・開講日の1~2日前にメール登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asaiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/1/24, 2/21, 3/28
曜日・時間
第4週 月曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 11,550円
その他
2/21のみ第3週に行いますので日程ご注意ください。
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

渡邉 義浩(ワタナベ ヨシヒロ)
1962年東京都生まれ。文学博士。92年より北海道教育大学専任講師、96年より大東文化大学文学部中国文学科専任講師、04年より教授を経て、13年4月より早稲田大学文学学術院教授。著書に、「全譯後漢書」(汲古書院)、「図解雑学・三国志」「図解雑学・諸葛孔明」(ナツメ社)、「三国志の舞台」(山川出版社)、「三国政権の構造と『名士』」(汲古書院)、「曹操墓の真相」(国書刊行会、共著)、「関羽:神になった『三国志』の英雄」(筑摩選書)、「魏志倭人伝の謎を解く―三国志から見る邪馬台国」(中公新書)、「『三国志』の政治と思想 史実の英雄たち」(講談社)、「十八史略で読む『三国志』」(漢文ライブラリー、朝倉書店)ほか多数。02年東方学会賞受賞、17年大隈記念学術褒章受賞。