もも裏歩きで筋力アップ  100歳まであるくために

  • 高木 広人(柔道整復師)
講師詳細

ふだんの歩き方を変えるだけで、筋力がアップし、ひざ、腰、足首の痛みが改善される方法を伝えます。
ほとんどの人は足を前に出して歩く「出し歩き」を無意識のうちにしていますが、正しい歩き方とは、太ももの裏を意識した「もも裏歩き」です。もも裏歩きを身につければ、日常的に自然に筋力がつき、膝などの痛みの予防や改善につながります。講義と実践で「もも裏歩き」をマスターし、生涯、自分の足で歩き続けましょう。

この講座は終了しました
日程
2020/9/12
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
持ち物など
・動きやすい服装でご参加ください
 なるべく更衣室の利用を控えて、荷物はロッカーまたは教室内に持参してそのままご参加ください
・マスク、及びフェイスシールド着用でお願いします
その他
・教室は変更になる場合がございます、当日の案内をご確認ください。

講師詳細

高木 広人(タカギ ヒロト)
1977年北海道生まれ。 北海道柔道整復専門学校卒業、柔道整復師免許取得。 整骨院勤務や分院長を経て、2006年「金の指銀の指」開業。 〈骨格治療整体〉を考案し、12万人以上を施術する。 歩き方の研究を続け、2013年に「正しい歩き方理論」を確立。 ウォーキング教室を通じ、自分の足で歩けることの大切さを伝えている。著書に『1日2分!もも裏歩きでひざの痛みが消えた』(現代書林)