モーツァルト ピアノの旅路 オンライン講座

  • 遠山 裕(作曲家 ピアニスト)
講師詳細

 モーツァルトは旅を愛した。そうしてその数々の訪問地で多くの魅力的な作品を書いた。彼にとってそれが旅の印象を最も的確に伝える行為であったかのように。
彼のピアノソナタは一見大同小異とも思われがちだが、この「紀行」という観点によって私たちはその作風の微妙な相違を深く味わうことができる。
 本講座ではザルツブルク、ミュンヒェン、マンハイム、パリ、ヴィーン、リンツ、ベルリンで書かれたソナタの傑作を奏で、その楽曲分析に加えて、街の風土、気質、流行、楽器からモーツァルトの得たものを考える。 (講師・記)

〈スケジュール〉
第1日 ザルツブルク(ソナタ 変ロ長調K. 281)
第2日 ミュンヒェン~マンハイム(ソナタ ニ長調K. 284、ハ長調K. 311)
第3日 パリ(ソナタイ短調K. 310、イ長調K. 331「トルコ行進曲つき」)
第4日 ヴィーン(ソナタ ハ長調K. 330、ハ短調K. 475)
第5日 リンツ(ソナタ 変ロ長調K. 333)
第6日 ベルリン(ソナタ ニ長調K. 576)

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でもオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・リアルタイム配信はありませんが、メールアドレスの登録がある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。オンライン受講の方はそちらをご覧ください。
期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、本講座は教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座に変わりました(講師は教室)。リアルタイム配信はありませんが、メールアドレスの登録がある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。オンライン受講の方はそちらをご覧ください。
・資料は教室・窓口でのお渡しのみとなります。データ送付はございません。郵送をご希望の方は、レターパックを〒163-0210 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル10階「遠山裕先生モーツァルト」係までお送りください(最終回が終わったところで全資料をまとめてお送りいたします)。(4/9)

日程
2021/4/9, 4/23, 5/14, 5/28, 6/11, 6/25
曜日・時間
金曜 13:30~15:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,998円 
設備費(税込)
990円
その他
・楽譜希望者は各自ご用意の上、ご持参ください。(必須ではありません。)
・曲目は変更になる場合がございます。予めご了承ください。
・講座の性質上、遅刻による途中入室は原則としてお断りしております。  やむえない事情で遅れた場合には、カウンターに声をおかけください。スタッフがご案内いたしますので、教室の後方の席へお静かにご着席ください。
・授業の録音、録画、写真撮影は禁止します。
・講義中に雑音を発したり、携帯の着信音を鳴らすなど、他の受講生に迷惑となる行為はご遠慮ください。
・この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

遠山 裕(トオヤマ ユタカ)
作曲家=ピアニスト。1968年生れ。東京芸術大学作曲科卒業。管絃楽、ピアノ、声楽等諸分野に多くの作品を発表。1997年奏楽堂日本歌曲コンクール受賞作「六つの抒情詩」はサンクト・ペテルブルグ等国内外諸都市で演奏され多大な称讃を受けた。バロックより現代までの広範な演奏レパートリーを有し、独自の分析解釈と美しいタッチから現在最も個性的なピアノ奏者の一人として注目される。講演や音楽論の執筆ではそのオリジナルな見解が高い評価を得ている。