ウサギのイギリス文化史 「出版120周年ピーターラビット展」
  • オンライン講座

  • 齊藤 貴子(早稲田大学講師)
講師詳細

 多くの人びとにとって、ウサギは可愛らしい愛玩動物。特に20世紀以降の現代人の場合、そのイメージは多分に、ビアトリクス・ポターが1902年に刊行して世界的ベストセラーとなった絵本、『ピーターラビットのおはなし』によって形成されてきたのではないでしょうか。   
しかしながら、現実のウサギは、ヨーロッパでは中世以来ずっと畑を荒らす「害獣」扱いであり、せいぜいが冬の間の貴重な食肉源といった程度の認識でした。そのイメージを劇的に変えたのが、ポターの描いたピーターラビットです。イギリス生まれの青いジャケット姿の愛くるしいウサギの絵は、子供たちを中心に愛玩動物としてのウサギの人気を高めたばかりか、今やその飼育保護問題にまで多大な影響を及ぼし続けています。
本講座では、このイギリスにおける虚実ないまぜのウサギの文化史を、中世の時代からわかりやすく解きほぐしてまいります。ささやかなものではありますが、講座の内容をひとつの手掛かりとして、出版120周年記念展覧会をより一層お楽しみいただければ幸いです。(講師・記) 

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」【ウェビナー】を使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・【本講座はアーカイブ動画の配信はございません。】
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。本講座はアーカイブ動画の配信はありません。

日程
2022/2/24
曜日・時間
木曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,850円

講師詳細

齊藤 貴子(サイトウ タカコ)
横浜市生まれ。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業、同大学大学院教育学研究科博士課程修了。早稲田大学および同大学エクステンションセンター講師。上智大学大学院文学研究科講師。専門は近代イギリス文学・文化で、主として詩と美術の相関を研究。著書に『もう一度、人生がはじまる恋~愛と官能のイギリス文学~』(PHP新書)、『ラファエル前派の世界』(東京書籍)、『21世紀 イギリス文化を知る事典』(出口保夫、小林章夫と共編著、東京書籍)、『諷刺画で読む十八世紀イギリス~ホガースとその時代~』(小林章夫と共著、朝日選書)、『楽しいロンドンの美術館めぐり』(出口保夫と共著、講談社)。編訳書に『英国ロマン派女性詩選』(国文社)、『音読・暗唱 愛と夢の英詩集』(出口保夫と共訳、講談社プラスアルファ文庫)、『肖像画で読み解くイギリス史』(PHP新書)、『イギリス恋愛詞華集』(研究社)