イタリア・ルネサンス/マニエリスム美術史
  • オンライン講座

  • 桑木野幸司講師
  • 桑木野 幸司(大阪大学栄誉教授)
講師詳細

 イタリア・ルネサンス──なんと華やぎ、生気に満ちた言葉でしょう。ボッティチェエッリ『春(ラ・プリマヴェーラ)』の明るく躍動感あふれる画面、ダ・ヴィンチ『モナリザ』の静謐なたたずまい、ラッファエッロの魅惑の聖母子像、ミケランジェロの雄渾な彫刻や建築……。こうした視覚・造形芸術の傑作が短期間に集中して制作されたイタリアの15-16世紀は、人類史上まれに見る文化の黄金時代でした。と同時に、人々が美術の制作・鑑賞行為に自覚的になり、「歴史」や「美術批評」といった視点が、アートの領域に本格的に導入されていった時代でもありました。
 このレクチャーでは、西欧の美術が長い停滞の時代を脱し、革新と洗練を積み重ね、やがて極盛期=ルネサンスに達したのち、それを継承するかたちでマニエリスム芸術が展開していった流れを、全12回の講義で概観します。案内人は、16世紀のイタリアで活躍した芸術家ジョルジョ・ヴァザーリ(1511-74)。彼はむしろ、西欧美術史の最初の古典文献ともいえる『芸術家列伝』という書物の筆者としての顔のほうが、有名かもしれません。この『芸術家列伝』は、ルネサンス美術史研究の貴重な資料であるばかりか、16世紀という、芸術史の「奇蹟の時代」を同時代人として生きた一人の人物が見た、臨場感あふれる体験レポートとしても読めます。
 ヴァザーリは自分が生きていた16世紀を芸術史の頂点とみなし、そこに至るまでの美術の発展を3段階に分けて記述しました。芸術は生まれ、成長し、やがて壮年に達する──こうした芸術=生命史観を取る立場からすると、自分が生きている時代のあとには必然的に衰退と死が訪れることになります。それを食い止め、芸術の最高の達成を末永く保つことは可能なのか。その視点から、ヴァザーリは過去の芸術家たちの生涯をしらべ、作品を分析し、理論的考察をほどこして一冊の書物(=『列伝)』にまとめました。その彼の芸術観に沿って、あらためてイタリア・ルネサンス/マニエリスムの歴史をたどってみることで、従来の教科書的なルネサンス美術史とは少し異なった、同時代のナマの息遣いを感じられる芸術史を語ってみることができるのではないか、と考えています。具体的には、特に、ヴァザーリらの世代が、自分より一世代前(十六世紀初頭)に完成してしまった古典芸術を前に、どうやって独自の表現を開拓していったのかを見てみたい。その試行錯誤こそが、マニエリスムと呼ばれる芸術様式の活力となりました。巨匠をどうやって乗り越え、独創性を生み出すか。そんなマニエリスム芸術家たちの苦闘は、21世紀を生きる我々にも、さまざまな議論の視点を提供してくれます。本レクチャーでは、従来の図式、すなわち、ルネサンス=古典主義美術の完成形、マニエリスム=独創性に欠けたルネサンスの模倣、という整理の仕方をいったんカッコに入れて、同時代を生きた芸術史家ヴァザーリの視点から当時のアート・シーンの諸相を追体験することで、少し異なった視点からルネサンス/マニエリスム美術史を提示してみたいと思います。その結果、マニエリスムとよばれる芸術様式が、実は、無類におもしろい表現形式であったことに気が付いていただければ幸いです。(講師・記)


(第四回)ヴァザーリ『美術家列伝』に基づく美術史②:建築、絵画、彫刻の革新
 16世紀イタリアの芸術家・美術理論家のジョルジョ・ヴァザーリが、ルネサンス芸術の発展の第二段階(第二期)と位置付ける、ブルネッレスキ(建築)、マザッチョ(絵画)、ドナテッロ(彫刻)を取り上げます。時期的には、15世紀の初頭~中頃にかけて。第三回の講義で扱ったいわゆる第一期が、自然の模倣を目標に、たどたどしい一歩を踏み出したとするなら、今回取り上げる第二期では、芸術の再生・復興の流れが完全に軌道に乗り、自然をより忠実に模倣するための様々な技巧上の革新や、発見がありました。特に、古典建築の復興と、遠近法の発見、リアリズムの追求、という点にしぼって、具体例を見ながら考察します。

(第五回)アリストテレス的美からプラトン的美へ:自然を超える美の探究
 前回に引き続き、第二期の芸術作品(ボッティチェッリやピエロ・デッラ・フランチェスカ)を考察したのち、いよいよヴァザーリによるルネサンス芸術区分の第三期、すなわち16世紀の盛期ルネサンスの芸術に入ってゆきます。特に、ヴァザーリが第二期と第三期を決定的に分ける上で提示した美学、あるいは、美の規準について、くわしく考察します。自然模倣を標榜する第二期の芸術が、結果として技巧主義に陥ってしまい、ぎこちなさや不自然さを生み出してしまったのに対し、レオナルド・ダ・ヴィンチやラッファエッロらに代表される第三期の芸術は、自然模倣にプラスして、古代彫刻の美の規範を加えることで、自然をも超え出る表現の追求に着手します。それはプラトン的美の追求ともいえる営みでした。その結果、全盛期ルネサンスの傑作美術(ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』やラッファエッロの聖母子像など)が生まれてくるわけですが、そうした手法(マニエラ)へのこだわりは、その次の時代の「マニエリスム」様式をも、その内に萌芽するものでした。

(第六回)マニエラの胎動:ルネサンス古典主義から反古典主義への流れ
 ヴァザーリのルネサンス芸術区分における第三期は、目に見える形の美しさ(=アリストテレス的美)の追求ではなく、むしろ、目に見えない直観的な美(=プラトン的美)、自然を超える美を追求するものでした。前回に引き続き、その第三期芸術の主人公の一人、ラッファエッロをまず取り上げ、その古典的美の規範を分析します。やがて彼のスタイルは、いわゆる古典主義芸術として一世を風靡することになりますが、そうした安定調和に満ちた静的な芸術では飽き足らない、若い世代のアーティストたちが、徐々に育ってきます。そうした世代の葛藤や冒険が、やがてマニエリスムの様式へと発展してゆくことになるのですが、講義の後半では、そうした「反・古典的」な動きがまさに胎動する瞬間を、フィレンツェを舞台に、ポントルモの作品の分析を通じて捉えてみます。

・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asaiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。
開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/10/12, 11/9, 12/14
曜日・時間
第2週 水曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 11,550円

講師詳細

桑木野 幸司(クワキノ コウジ)
1975年静岡県浜松市生まれ。東京大学大学院工学系研究科博士課程・単位取得退学、ピサ大学美術史学科博士課程修了(博士:Dottore di Ricerca in Storia delle arti visive e dello spettacolo)。現在、大阪大学文学研究科教授。学術振興会賞受賞。『ルネサンス庭園の精神史』(白水社)でサントリー学芸賞受賞。他の著書に『記憶術全史:ムネモシュネの饗宴』(講談社メチエ)、『叡智の建築家:記憶のロクスとしての16-17世紀の庭園、劇場、都市』(中央公論美術出版)他。