「万葉集」が語る歴史 神亀年間を彩る行幸従駕歌の数々 オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 品田 悦一(東京大学教授)
講師詳細

 『万葉集』をテキストとして解読するという、研究史上立ち遅れてきた作業に取り組む。その一環として巻六を取り上げ、天武皇統の復興と凋落を語る歴史テキストとして精読していく。夭折した文武天皇の嫡子として、二代にわたる女帝の中継ぎの後、満を持して即位した聖武天皇。栄えある天武皇統の復興が期待されたその治世は、最初の五年間こそ華やかな行幸に明け暮れ、約束された繁栄を先取りしたかのようだったが、天平元年の長屋王の変を機に翳りを生じ、天平六年の大地震、翌七年~九年の天然痘大流行を経て無残な凋落を余儀なくされる。巻六の語るところ、それは、もはや神々の導きが期待できない時代への転落をすら意味していた。 (講師・記)

 今回のテーマは「4 神亀年間を彩る行幸従駕歌の数々」。前回の吉野だけでなく紀伊国や播磨国などの行幸に明け暮れた聖武天皇。行幸従駕歌の数々から、聖武王朝の出発点がいかに華やかな空気に包まれていたかということを読み解きます。

<テーマ一覧>
 1 巻一・巻二の続編としての巻六。
 2 笠金村の吉野讃歌――天武皇統の復興。 
 3 聖武朝の吉野行幸と巻六吉野讃歌群――変奏される「見れど飽かぬ」。
 4 神亀年間を彩る行幸従駕歌の数々。
 5 大伴旅人のまなざし。
 6 長屋王事件の影――天平元年歌の不在による沈黙の批評。
 6‐2 他巻にも見られる長屋王事件の影
 7 「天地の栄ゆる時」――アイロニカルな繁栄謳歌。
 8 天平七年と九年の空白――長屋王の祟りとも噂された天然痘大流行。
 9 天平十二年の東国巡幸――壬申の乱の故地をたどる旅と、その変質。
 10 恭仁京讃歌――永久の皇都のあっけない瓦解。
 11 安積皇子の夭折――黙殺された阿倍内親王(孝謙)。 

<オンラインご案内事項>
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/10/20
曜日・時間
水曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
持ち物など
<参考テキスト>必須ではありません。
「萬葉集本文篇」(佐竹昭広、木下正俊、小島憲之著/塙書房)書店にてお求めください。
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

品田 悦一(シナダ ヨシカズ)
1959年群馬県生まれ。1988年東京大学大学院人文科学研究科博士課程(国語国文学)単位取得修了。上代日本文学専攻。聖心女子大学文学部教授を経て、現在、東京大学教授。著書に『万葉集の発明 国民国家と文化装置としての古典』(新曜社)、『斎藤茂吉』(ミネルヴァ書房)、『斎藤茂吉 異形の短歌』(新潮社)、共著に『「国書」の起源-近代日本の古典編成』(新曜社)、共編著に『【うた】をよむ 三十一字の詩学』(三省堂)などがある。