日本経済の問題点 2010年代を考える

  • 金子 勝(立教大学大学院特任教授)
講師詳細

2010年代はどのような時代だったのか。東日本大震災、アベノミクスなど2010年代の経済の背景や問題点を解説し、日本経済衰退の本質を考察します。

〈注意事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日の4日前まで)。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の3日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
・開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

この講座は終了しました

注意事項

新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、本講座は日程を変更した上でZoomを使用したオンライン講座として行います。6月10日休講→6月24日補講。開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。

日程
2020/6/24
曜日・時間
水曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円

講師詳細

金子 勝(カネコ マサル)
1952年生まれ。茨城大学、法政大学を経て現職。専攻・研究領域は財政学、地方財政論、制度経済学。冷戦後の世界経済のグローバル化と新自由主義的傾向を早くから批判し、セーフティネットワークの重要性を指摘するなど、活発な言論活動、執筆活動を展開している。著書に『市場と制度の政治経済学』(東京大学出版会)、『反グローバリズム』(岩波書店)、『市場』(岩波書店)、『セーフティネットの政治経済学』(ちくま新書)、『反経済学』(新書館)、『長期停滞』(ちくま新書)、『財政崩壊を食い止める』(共著・岩波書店)、『逆システム学 市場と生命を解き明かす』(共著・岩波書店)、『閉塞経済』(ちくま新書)、『世界金融危機』(共著・岩波書店)などがある。