オーケストラ大好き 名曲三昧

  • 奥田 佳道(音楽評論家)
講師詳細

 オペラに交響曲、バレエ音楽など百花繚乱のオーケストラの世界。この講座では、オーケストラと楽器、演奏家について、また時々楽譜に焦点をあてながら楽しく解説します。歴史的背景や驚きのエピソードを知ることで、名曲の味わいはさらに増すことでしょう。今期は講師が選ぶ「今どきの名曲」をめぐって語ります。(講師・記)

<スケジュール>日程変更に伴い、第二回と第三回のテーマの順番が変わりました。
第1回 ラフマニノフの交響曲第2番
溢れ出るロシアン・ロマン。昨今大人気の長篇交響曲。創作の背景や管弦楽法、演奏史に想いを寄せて。
第2回 モーツァルトと宮廷 ※この回のみのお申込みも可能です。
ザルツブルクの大司教コロレド、ハプスブルク家との微妙な関係を探り、ゆかりの名曲に耳を傾ける。
第3回 ハンス・ロットの交響曲第1番
この上なく美しい。26歳で亡くなったハンス・ロットはブルックナーの愛弟子にしてマーラーの友人。
第4回 ベートーヴェンの交響曲第4番
実はコンサートのメインディッシュに成り得る名曲。冴え渡る作曲家の新機軸、粋な調べをあらためて。
第5回 ツェムリンスキーの交響詩「人魚姫」
泣ける。アルマとシェーンベルクを教え、コルンゴルトに手を差し伸べたツェムリンスキーの大傑作。
第6回 マーラーの交響曲第8番「千人の交響曲」
讃歌とファウストの世界が織り成す圧巻のスケール。1910年ミュンヘン万博での初演にもドラマが。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

・講師体調不良のため4月25日は休講。⇒7月4日(木)13時~14時半に補講を行います。(4/25決定)
・講師都合により4月18日は休講⇒4月25日(木)13時~14時半に補講を行います。(4/2決定)

日程
2019/4/4, 5/2, 5/16, 5/30, 6/6, 7/4
曜日・時間
第1・3・5 木曜 13:00~14:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,440円 
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

奥田 佳道(オクダ ヨシミチ)
1962年東京生れ。ヴァイオリンを学ぶ。ドイツ文学、西洋音楽史を専攻、ウィーンに留学。共・著書に「これがヴァイオリンの銘器だ」(音楽之友社)、「おもしろバイオリン事典」(ヤマハミュージックメディア)、「オペラガイド130選」(成美堂出版)ほか。
1993年からNHKの音楽番組に出演中。また日本テレビ「深夜の音楽会(現:読響シンフォニックライブ)」、WOWOW、クラシカ・ジャパン、TOKYO FMなどに出演。くらしき作陽大学講師、エリザベト音楽大学パフォーマンスフォーラム講師を務めた。2008年から2015年まで毎年NHK音楽祭のプレトークを行なった。2012年4月からNHK-FM「オペラ・ファンタスティカ」のパーソナリティのひとり。NHK Eテレ「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2014、2017」に解説で出演。同コンサートの解説は1997年から毎年FMなどで行なっている。ラジオ深夜便「クラシックの遺伝子」(聞き手:森田美由紀)に出演中。