【教室受講】「民衆暴力」から考える日本近代

  • 藤野 裕子(早稲田大学准教授)
講師詳細

 近代日本の歴史のなかで、戦争以外にも、民衆の暴力行使は数多くあり、歴史を動かす原動力にもなっていました。政治・社会的な権力に暴力が向けられたケースもあれば、被差別者に向けられたものもあります。前者を賛美し、後者を否定すればそれでよいのでしょうか。実際には両者は明確に区分できるものでもありません。この講座では、民衆暴力の論理を解き明かしつつ、国家との関係も問うことで、歴史的な理解を深めたいと思います。(講師記)

お申し込み

注意事項

教室受講でお申込みの方はアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。

日程
2021/9/8
曜日・時間
水曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
持ち物など
受講券をお持ちください。

講師詳細

藤野 裕子(フジノ ユウコ)
1976年生まれ。早稲田大学文学部准教授。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。著書『都市と暴動の民衆史』(有志舎、2015年、第42回藤田賞受賞)など。