法隆寺聖霊院の美術 聖徳太子1400年御遠忌 オンライン講座

  • 小林 裕子(京都橘大学教授)
講師詳細

奈良斑鳩の法隆寺は太子創建の由緒を有す誰もが知る寺院です。聖霊院は西院伽藍東側に位置する東室南半分を改造した太子像を安置する場所で、本年太子1400年御遠忌を迎えるにあたり特に注目したいところです。
本講座では、まず聖霊院の歴史を辿り、堂内に安置される太子像及び侍者像、如意輪観音像などについて最新の研究を盛り込みながら解説いたします。そのうえで、太子信仰の隆盛とともに法隆寺外で制作されたさまざまな太子像にも目を向け、信仰の本場聖霊院への理解を深めましょう。(講師・記)

画像:聖徳太子坐像=2021年4月26日、奈良市の奈良国立博物館、渡辺元史撮影

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」【ウェビナー】を使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です【講師はオンライン】。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・本講座はアーカイブ動画の配信はございません。
・本講座に限り、配布資料はオンライン受講(郵送)、教室受講(当日配布)となります。
・資料送付の都合上、オンライン受講の入金締切は、8/23(月)正午となります。教室受講は当日も受付いたします。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師はオンライン)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座はアーカイブ動画の配信はありません。

日程
2021/8/27
曜日・時間
金曜 13:30~16:45
回数
1回
受講料(税込)
会員 6,600円 一般 8,800円
設備費(税込)
165円
その他
・資料送付の都合上、オンライン受講の入金締切は、8/23(月)正午となります。教室受講は当日も受付いたします。
・途中休憩(15分)あります。
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

小林 裕子(コバヤシ ユウコ)
早稲田大学大学院美術史専攻博士課程修了。博士(文学)。専門は日本古代仏教美術史。現在、京都橘大学文学部歴史遺産学科教授、早稲田大学奈良美術研究所招聘研究員。著書は『興福寺創建期の研究』(中央公論美術出版)、主要論文は「八世紀制作の立像光背に関する一考察―聖林寺十一面観音立像の光背残欠を中心に」(『佛教藝術』288)。