アンリ・サルヴァドールの童謡で学ぶフランス語

  • 中村 敬子(コンサート・プロデューサー)
講師詳細

ボサノヴァの始祖とブラジル政府も認めるアンリ・サルヴァドールは、フランスの国民的歌手で、童謡もたくさん書いています。フランス人なら誰もが知っていて、誰もが歌える歌です。美しいメロディーにやさしい歌詞がのっています。アンリ・サルヴァドールの童謡を歌ってフランス語を学びましょう。
まず歌を聴いて、歌詞の意味を知って、声を出して読んで、アンリの歌に合わせて歌いましょう。簡単な歌詞でフランス語が楽しく覚えられます。

<取り上げる童謡の一部>
LE LOUP, LA BICHE ET LE CHEVELIER オオカミと牝鹿と騎士(10月)
PETIT INDIEN 小さなインディアン (11月)
L’ABEILLE ET LE PAPILLON ミツバチと蝶々(12月)

アンリ・サルヴァドールとは1976年から2008年に亡くなるまで親交のあった講師が、その出会い、エピソードなどもお話しして、楽しく講座を進めます。

お申し込み
日程
2019/10/8, 11/12, 12/10
曜日・時間
第2週 火曜 13:30~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 11,220円 一般 13,200円
持ち物など
*テキストはプリントを使用。授業時に配付します。
・コピー代を実費でお支払していただくことがあります。

講師詳細

中村 敬子(ナカムラ ケイコ)
学習院大学フランス文学科卒業。パリ第三大学に学ぶ。1979年有限会社アンフィニを設立、代表取締役。フランスを中心としたヨーロッパのアーティストの来日公演を手がける。NHK FMで音楽番組のDJも務めた。訳書にジュリエット・グレコ著「グレコ 恋はいのち」(新潮社)。フランス芸術文化勲章オフィシエ受賞。