小説創作ゼミナール 書きっぱなしにしないインタラクティブコース
  • 教室開催

  • 松岡 弘城(文芸編集者)
講師詳細

 何毎も畳水練ではいけません。とりわけ小説は書いてみなければ、何も始まりません。あるテーマを書いていく上で、適切な文体、構成、人物配置とはどういうものでしょうか?それを変化させることで、小説全体はどう変わるのでしょうか?プロの書き手が日頃経験するような編集者とのやりとりを、できる限り講座内で再現したいと思います。 (講師・記)

〈講座の進め方〉
長編を書かれる方、筆の速い方、講評を長めに受けたい方におすすめの定員が少ないクラス。講評をそれぞれにお渡しします。添削原稿の返却はありません。
*提出作品集を事前に受講生の皆様に郵送し、お目通しいただきます。
*現代詩以外であれば、ジャンルは問いません。

小説創作ゼミナール 作品ご提出の方法
●小説創作ゼミナール作品提出の要項●
* 作品提出にあたっては、以下の点を厳守してください。

<締め切り・枚数・内容>
●作品提出締切 毎月第3木曜日正午。遅れた場合は次の回の提出扱いになります。
※祝日の関係で締め切りを変更する際には事前にご案内いたします。ご注意ください。
●制限字数 400字詰め原稿用紙換算10~500枚まで。
長編の場合は、その中の一部分でも可。その場合は、前後の流れや、あらすじがわかるように概要を添付すること。制限枚数を超えて講座2回分の講評用として一度にまとめてご提出される場合は、ご受講の学期内でお願いいたします。
●一度提出した作品を、推敲して再提出することが可能です。
●提出回数に決まりはございませんが、作品が9作以上集まってしまった場合は、学期内の提出回数が少ない方、提出が早かった方の作品を優先します。講評が書面になる場合がございますのであらかじめご了承ください。
●一度にご提出いただける作品数は一作品です。
●提出数の確認、コピー代のお知らせのため、お名前の一覧表を同封させていただいております。あらかじめご了承ください。

〈書式〉
●手書き不可。用紙はA4サイズを横長にして使用。 縦書き。
●40字×40行で設定。
●表紙は不要。
●タイトル、筆者名(ペンネーム、本名を両方)を明記してください。
●ノンブル(ページ番号)を必ず付けてください。
●提出するページのみをご提出ください。ページ指定はできません。
●「ここはどうすればよいか?」といったご質問は原稿の冒頭か末尾に記してください。

〈提出方法〉持参かメール
●持参の場合は10階カウンターまでお持ちください。
●メールで提出の場合
件名「小説創作ゼミナール」件名、お名前の記載がないと届きませんのでご注意ください。wordか一太郎の添付ファイルにてお送りください。
★A4で20枚を上回る作品の場合、受講生の皆様には講師が指定した部分を配布いたします。また20枚以上の作品はプリントアウト代として一枚10円(カラーの場合は1枚50円)いただきます。講座当日に事務局カウンターでお支払いください。プリントアウト代の未払いがある場合、講評が書面になることがございます。
〈提出用メールアドレス〉 kouzainfo2@asahiculture.com   

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

※5月の講座は、第2週(5/12)です。
〈締め切り〉第3木曜日正午厳守。提出方法はチラシかHPをご確認ください。※作品の提出は、ご入金後にお願いいたします。「予約」のままではご提出いただけません。作品集などの資料の送付につきましてもご入金確認後となります。7~9月講評分の締め切り日:6/16、7/21、8/18正午
●メールの場合は添付ファイルにて以下アドレスに件名「小説創作ゼミナール」でお送りください。kouzainfo2@asahiculture.com

日程
2022/4/7, 5/12, 6/2, 7/7, 8/4, 9/1
曜日・時間
木曜 18:30~20:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 27,720円 
教材費(税込)
教材費 6,600円
設備費(税込)
990円
持ち物など
●提出作品集を講座当日の1週間ほど前にご郵送いたします。送付資料は講評で使用します。ご持参ください。

講師詳細

松岡 弘城(マツオカ ヒロキ)
1967年神戸生まれ。1991年京都大学法学部を卒業後、日本経済新聞社に入社し、新聞記者として勤務。文化部で書評欄の運営、作家の取材、連載小説の編集作業に携わる。2005年に退職、現在はフリーランスで小説の編集とコラムの執筆を手がけている。