「日本書紀」と「古事記」 「日本書紀」編纂1300年

  • 三浦 佑之(千葉大学名誉教授)
講師詳細

 『日本書紀』は、「日本書」の一部として律令国家が編纂した正史であるのに対して、『古事記』は、律令的な世界から遠く隔たったところに生まれた歴史書である。従来、その両書を同じ位相で理解しようとしたために、多くの誤解と誤りを生じさせた。この講座では、具体的な内容を比較しつつ、二つの作品がいかに相違するかという点についてわかりやすくお話ししたい。(講師・記)

お申し込み

注意事項

・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

日程
2020/2/5
曜日・時間
水曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
持ち物など
・必要な資料はコピーを配布します。

講師詳細

三浦 佑之(ミウラ スケユキ)
1946年、三重県生まれ。成城大学大学院博士課程修了。千葉大学教授・立正大教授を経て現職。古代文学、伝承文学研究専攻。2003年、『口語訳 古事記』で第1回角川財団学芸賞を受賞。現在、ウェブ上で「神話と昔話 三浦佑之宣伝板」を運営。http://www.miuras-tiger.com/