オーケストラと指揮者 交響録 オンライン講座
  • オンライン講座

  • 茂木 大輔(指揮者・元N響首席オーボエ奏者)
講師詳細

 オーケストラの演奏会で必ず注目されるのが指揮者ですが、オーケストラと指揮者の間には実に風変わりな、この関係性においてしか観察できないコミュニケーションが成立しています。100人もの管弦楽を指揮棒の一振りで一糸乱れずコントロールしてしまう(ように見えている)指揮者は、どのようにしてこの成果をあげているのでしょうか。指揮者によって同じ楽団、同じ作品の演奏が全く違って聞こえるのはどうしてか? 指揮者教育はどのように行われているのかなど、N響首席オーボエ奏者として膨大な世界中のマエストロを体験し、現在は専門の指揮者として活動している音楽家として、とても説明の難しいこのテーマについて自由・気軽にお話をしながら考えて行きます。  (講師・記)

【今期のテーマ】「吹いたり振ったり振られたり」
オーボエ、指揮、楽団員それぞれの目線から名曲を各駅停車で解き明かし、エピソード、難所、聞きどころなどを語って行く予定です。今回はベートーヴェン交響曲をとりあげます。

〈スケジュール〉
1;第3番「英雄」 ※初回のみのお申込みはこちら→https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/4c1c8e1b-3ec2-9692-935f-60a22d03e32d
2;第5番「運命」
3;第6番「田園」

〈参考書〉『交響録 N響で出会った名指揮者たち』(音楽之友社刊)
https://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?Code=211310

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/7/1, 8/5, 9/2
曜日・時間
第1週 木曜 19:00~20:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,999円 一般 11,649円
その他
・この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

茂木 大輔(モギ ダイスケ)
国立音大、ミュンヘン音大、シュトゥットガルト・ フィルを経て、1990年から2019年までN響首席オーボエ奏者を務め、世界的指揮者・ソリストと共演を重ねた。1996年から指揮活動に入り、解説コンサートや「のだめ音楽会」などの活動において群響、仙台フィル、東フィル、九響など全国多数の団体を指揮するとともに、東京音大の指揮科大学院で専門的に指揮法を学ぶ。2019年3月N響定年退職後、専業の指揮者として改めて活動を開始した。「交響録」を始め多数の著書がある。指揮を故・岩城宏之、外山雄三、広上淳一らの各氏に師事。