民主主義入門

  • 山口 二郎(法政大学教授)
講師詳細

 この数年、民主主義の先進国だったはずのアメリカやイギリスにおいて、デマゴーグのような政治家が出現し、民主主義による統治が可能なのかどうか、懐疑の声が広がっています。そもそも民主主義とは何なのか、自由主義、法の支配、自己決定など、民主主義と密接な概念を検討しながら考えてみたい。また、20世紀に世界大戦やロシア革命の影響を受けながらいかに民主主義が定着し、21世紀に入ってこれが動揺している理由についても考察したい。 (講師・記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

■7/31に開講いたします。7/31、8/28、9/25の全3回に変更になりました。(5/27更新)
■新型コロナウイルスの感染拡大予防のため4/1から新宿教室は臨時休業いたします。4/24、5/22、6/26は休講です。(4/23更新)

日程
2020/7/31, 8/28, 9/25
曜日・時間
第4週 金曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

山口 二郎(ヤマグチ ジロウ)
1958年岡山県生まれ。1981年東京大学法学部卒業後、東京大学法学部助手、北海道大学法学部助教授を経て1987年よりアメリカ・コーネル大学へ留学。1993年北海道大学法学部教授。1997年よりイギリス・オックスフォード大学に留学。2000-2004年北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター長。2005年よりイギリス、ウォーリック大学に留学。北海道大学公共政策大学院教授、北海道大学大学院法学研究科教授、パリ国立政治学院客員教授を経て、2014年4月より法政大学法学部教授。専攻は政治学・行政学。著書に、『ポピュリズムへの反撃』(角川書店)、『いまを生きるための政治学』(岩波書店)他多数。