児童書翻訳ワークショップ

  • 講師翻訳書
  • 神戸 万知(翻訳家)
講師詳細

 翻訳と学校で習った英文和訳ってどう違うの?セリフはどうやって作るの?児童文学の翻訳って、なにがどう特殊なの?
 今回の講座では、「翻訳とはなにか?」「子どもの本とはなにか?」といった基本から始まり、ひととおり「いろは」を学んだ後、実際に児童文学の翻訳に挑戦してもらいます。英文はやさしめだけれど、子ども向けにわかりやすくすっきり書くにはどのようなコツが必要なのか、ひらがなと漢字の混ぜ具合はどうしたらいいのか、なども解説します。 (講師記)

※辞書を引きながらでも英文和訳ができる方が対象です。

お申し込み

注意事項

新規ご入会の方を対象に入会金500円キャンペーンを実施します!入会された方は、公開講座を会員料金でご受講いただけます。
◆秋のお得なキャンペーンはこちら 
https://www.asahiculture.jp/page/shinjuku/campaign

日程
2019/11/8, 11/22, 12/6
曜日・時間
金曜 19:40~21:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 11,220円 一般 13,200円
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

神戸 万知(ゴウド マチ)
翻訳家・作家。ニューヨーク州立大学卒業。白百合女子大学大学院博士課程満期退学。神奈川大学、白百合女子大学、成蹊大学非常勤講師。訳書に『バレエものがたり』(岩波少年文庫)、『メキシコへ わたしをさがして』(偕成社)、著書に『世界一のパンダファミリー 和歌山「アドベンチャーワールド」のパンダの大家族』『もふもふ あかちゃんパンダ』(ともに講談社)など。