右近としこの透明水彩技法‐風景を描く

  • 講師作品
  • 右近 としこ(画家)
講師詳細

淡いイメージの水彩絵の具ですが、画材や紙の水分コントロールで幅広い表現が可能になります。アメリカの5つの水彩団体の正会員として活動し、独自の技法で定評ある講師が、風景画の描き方を指導します。にじみを生かしたウェット・イン・ウェット、塗り重ねのコツまでわかりやすく伝えます。デモンストレーションも必見です。

<講座の流れ・予定>
10:00‐11:30 デモ
(休憩)
12:30‐15:30 実技
15:30‐16:00 講評

【絵の具】 (ご参考)基本はお持ちのもの。買い足す場合などにご参考にしてください。
●青 フレンチウルトラマリーン、コバルトブルー、セルリアンブルー、ウインザーブルー、インディゴ
●赤 アリザリンクリムソン、マゼンタ、カドミウムレッド、スカーレットレーキ
●黄 カドミウムイエローライト、カドミウムイエローレモン、イエローオーカー、ローシェンナ、ブリリアントオレンジ、カドミウムオレンジ、ローアンバー、バーントシエナ、バーントアンバー
●白 ガッシュ、水彩どちらか
●緑 青と黄色の混色ですが、1色くらい緑色をお持ちいただくと便利です
●その他 ニュートラルチント、コバルトターコイズ、コバルトターコイズライト、ラベンダー、コバルトバイトレットライト、ミネラルバイオレット




申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

※お支払い期限:8月24日(土)

日程
2019/9/8
曜日・時間
日曜 10:00~16:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 8,424円 一般 9,720円
持ち物など
〈持ち物〉水彩用紙(F6~10。アルシュ荒目300gや細目300g。又はウォーターフォードサンダース300g。できれば水張りをしておく)、筆(20号以上・8号くらい・4号くらい)、透明水彩絵具(12色以上。普段お使いのもの)、パレット、鉛筆、練消しゴム、マスキングテープ、小さな霧吹き(化粧品用などの)※風景写真は講師が選んだものを使用。当日配布します。ご自身で描きたい風景写真があればご持参可能です。

講師詳細

右近 としこ(ウコン トシコ)
神奈川県生まれ。
渡米の際に、オレゴン州ポートランドで透明水彩を学び始める。その後、シルバーマイン・スクール・オブ・アートで3年間学ぶ。
現在、アメリカの5つの水彩団体の正会員として活動中。
(American Watercolor Society / National Watercolor Society /
California Watercolor Association / NorthWest Watercolor Society /
Water society of Oregon)
ワークショップ・個展多数開催。