【教室受講】マエストロと語ろう 朝日新聞共同企画
  • 教室開催

  • カーチュン・ウォンさん @Ayane Sato
  • 吉田純子さん
  • カーチュン・ ウォン(指揮者)
  • 吉田 純子(朝日新聞編集委員)
  • 井上 裕佳子(通訳)
全ての講師
講師詳細

 コロナ禍を経て、新しい時代の扉を開きつつあるオーケストラ。最近は、聴衆と一緒に「音楽する喜び」を分かち合う感動的な公演が相次いでいます。その発展を表と裏から導く音楽監督(指揮者)とはどのような仕事なのか、どんな思いで音楽に向き合っているのか。奏者の多様な個性をひとつの響きに束ねあげる多様なリーダーシップとは。世界一流のマエストロたちを招き、自身の生の声で伝えていただくシリーズです。聞き手は吉田純子・朝日新聞編集委員がつとめます。
 今回のゲストは今秋より日本フィルハーモニー交響楽団 首席指揮者およびドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団 首席客演指揮者に就任するカーチュン・ウォンさんです。シンガポール出身の若き指揮者の音楽観に迫ります。通訳あり。

■こちらは教室受講用の受付です。オンライン受講(料金が異なります)を希望される方はリンク先からお申込みください。→https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/baf3aa95-ecb8-1d83-42ad-644613a81fe2

■【カーチュン・ウォンさん日本フィルハーモニー交響楽団首席指揮者就任披露演奏会】
2023年10月13日 (金)19:00 開演
2023年10月14日 (土)14:00 開演
会場:サントリーホール
指揮:カーチュン・ウォン[首席指揮者]
メゾ・ソプラノ:山下牧子
女声合唱:harmonia ensemble
児童合唱:東京少年少女合唱隊

マーラー:交響曲第3番 ニ短調
https://japanphil.or.jp/concert/20231013

お申し込み

注意事項

・本講座は教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。こちらは教室受講用の受付です。オンライン受講(料金が異なります)を希望される方はリンク先からお申込みください。→https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/baf3aa95-ecb8-1d83-42ad-644613a81fe2
・本講座はメールアドレスのご登録がある受講者全員に後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は何度でもご視聴いただけます。

日程
2023/10/7
曜日・時間
土曜 18:30~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,300円
設備費(税込)
165円

講師詳細

カーチュン・ ウォン(カーチュン・ ウォン)
今秋より日本フィルハーモニー交響楽団 《首席指揮者》 およびドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団 《首席客演指揮者》 に就任となるシンガポール出身のカーチュン・ウォンは2016年グスタフ・マーラー国際指揮者コンクールで優勝、その名を世界に知られることとなる。2022年8月までニュルンベルク交響楽団首席指揮者を務め、これまでに、ニューヨーク・フィルハーモニック、ロサンゼルス・フィルハーモニック、クリーヴランド管弦楽団、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団を含む国内外の主要楽団との共演も果たす。
2016/2017年にロサンゼルス・フィルハーモニック ドゥダメル・フェローシップ・プログラムを拝命。また、ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学にてオーケストラ/オペラ指揮の音楽修士号を取得。
2019年、33歳という若さでシンガポールとドイツの文化交流並びにドイツ音楽文化の海外普及における献身的な取り組みと顕著な功績により、シンガポール出身の芸術家として初めてドイツ連邦大統領より功労勲章を与えられた。
2021年12月の日本フィルハーモニー交響楽団定期公演で演奏されたマーラー交響曲第5番のライブ録音C Dが日本コロムビアよりリリースされている。
吉田 純子(ヨシダ ジュンコ)
1971年和歌山市生まれ。93年東京芸大音楽学部楽理科卒業、96年同大大学院音楽研究科(西洋音楽史)修了。在学中はピアニスト、音楽ライターとして活動。97年朝日新聞社入社。学芸部、整理部、広告局、文化くらし報道部次長などを経て現職。
井上 裕佳子(イノウエ ユカコ)